ここから本文です

イマドキ小学生のファッション、スマホ、恋愛事情…ママたちの本音や家庭のルール

9/17(火) 11:15配信

LIMO

ファッション、スマホ、恋愛…親世代とは環境が激変している、現代の小学生を取り巻くあれこれ。ママの頭を悩ませるそれら3つの事例と、ママたちの本音や家庭のルールをご紹介します。

イマドキ小学生男の子の一張羅は?

小学5年生の男の子のママ、Hさん。少年野球チームに所属する息子さんは、毎日服をドロドロに汚して帰ってきます。毎日の服はリサイクル店や友人の子のおさがりなどで大量にストックしているのですが、ある時Hさんは気づきました。息子が選ぶのはアディダスやナイキなどのスポーツブランドばかりだということに。

小学生男子にとっての一張羅は、有名なスポーツブランド。でも、どうせドロドロにして帰ってくる…。そんな矛盾に、Hさんは頭が痛いといいます。

目覚めたてのオシャレとTPOとの狭間で…女子は難しい!

続いては、小学6年生の女の子のママ、Mさん。オシャレに目覚めた娘さんと、派手なバトルがときどき勃発するのだとか。例えばある時、娘さんが胸元の開いたキャミソールを「買って!」とおねだりしてきたそう。雑誌の付録だったリップグロスを塗って登校しようとしたのを慌てて止めたこともあるそうです。

娘さんにはいつも『学校に行く本来の目的は忘れないで。それを守ったうえでオシャレを楽しみなさい』と伝えるそうですが、同級生がマニキュアをしてきたことなども引き合いに出し、娘さんはいつも不服そうなのだとか。ただ、オシャレに目覚めるのもある意味成長の証。むしろこの時期は「TPO」がどういうものか、「どうしてこの服はOKでこの服はNGか」を理解してもらうチャンス、という考えもあります。

Mさんは、「クラスには既にファッションリーダー的な子もいて、娘の気持ちもよくわかる」と認めたうえで、思わず口にします。「もう、制服にしてほしいです…」

賛否両論のスマホ問題と、ある家庭のルール

次は、避けては通れない「子供にスマホをいつから持たせるか」という悩ましい問題。賛成派と反対派、両方の意見に耳を傾けつつ、もし導入するなら“我が家ルール”を検討する必要がありそうです。小学生のスマホ賛成派のママの中には、既に学校や習い事の連絡もメールやLINEで…、という習慣になっている人も多いのでは。特に「習い事に行かせる際の連絡手段」としてや、「防犯目的のためのキッズ携帯」は有用なようです。一方、反対派には、トラブルに巻き込まれたり、熱中して勉強がおろそかになったりすること、姿勢や視力への悪影響が心配…という声が多いようです。

子供が「スマホを持ちたい」といってきた際には、「スマホ会議」を開くことを薦めるママも。最低でも以下の3点はルールとして約束して、破った場合は使用中断など、ペナルティも設定おきたいとのことです。

1.使用できる時間を決めておく
2.課金するようなアプリはインストールしない
3.アクセス制限をする

親も最新の安全対策について学んだうえでしっかりと管理し、スマホの「正しい使い方」を子供に教えてあげることが肝要です。

1/2ページ

最終更新:9/17(火) 11:15
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事