ここから本文です

年収250万円の平均貯蓄額は700万円以上?「貯められる人」の支出コントロール3つのコツ

9/17(火) 19:15配信

LIMO

働いて得た収入は、できるだけ賢く使っていきたいですよね。趣味や旅行、教育費など、使いたい分野は人それぞれだと思います。でも同時に、貯蓄もしていかなくては…と焦りも感じているのではないでしょうか。中には、自分と同じくらいの収入なのに、使いたい部分にはしっかりお金を使って、貯蓄の方もきっちりできている人がいます。その差はどこにあるのでしょう。

「年収の階級別 貯蓄額」の表を見る

そこで今回は、貯め上手な人が実践しているお金の使い方についてご紹介します。コツを参考にしてきっちり貯めていきましょう。

年収別の貯蓄額は?

総務省統計局が2019年5月に公表した「家計調査報告(貯蓄・負債編)-2018年(平成30年)平均結果-(二人以上の世帯)」によると、2人以上世帯のうち勤労者世帯の年間収入階級別貯蓄現在高(平均値)は下記のようになっています。(「2人以上世帯のうち勤労者世帯の年間収入階級別貯蓄現在高」の表を参照)

600万円からは年収が上がるにつれて貯蓄現在高も上昇しています。

しかし600万円までは、年収に比例しているわけではありません。とくに250~300万円では貯蓄額733万円と、300~350万円よりも多くなっています。所得税率などの違いもありますが、年収が高い=貯蓄額が高いというわけでもなさそうです。当然、支出が多ければ貯蓄は増えません。

「貯められる人」はどのようなお金の使い方をしているのでしょうか。以下でご紹介します。

きっちり使ってしっかり貯める人はどんなやりくりをしている?

毎年きっちり貯めている人が実践しているのが、支出に「メリハリをつける」方法です。お金を使いたいところは大切にして、その他を節約することで、家計全体をコントロールできるようになります。

 毎年、家族で海外旅行に行っているAさんは保険を見直し

海外への家族旅行が恒例となっているAさん。旅費を含めた貯蓄額として年間120万円が目標です。Aさんが取り掛かったのは固定費である医療保険や自動車保険の見直しです。医療保険の見直しは時間もかかりましたが、健康なうちがチャンスですし補償内容も改善でき大満足。そして自動車保険についてもネット系の新プランを見つけて保険料を削減できました。

 教育費を惜しまないBさんが削減しているもの

3人の子どもを育てるBさんは、塾、スポーツ教室、サマースクールなど、子どもたちの希望を叶えています。そして同時に、将来の教育費もしっかり貯め続けているのです。

模試代や遠征費用などを含めると、学習塾やサッカー教室にはかなりの費用が必要です。その代わり、家族のレジャー費は予算低めに調整しています。

習い事で埋まる週末は、子ども達のサポート役に徹し、家族で休みになった日は家で映画鑑賞。出掛ける代わりに動画配信サービスを活用しています。毎月サービス料が必要となるものの、家族みんなの鑑賞券や交通費、飲食代を考えると非常に安上がりな方法なのです。

このお2人の例のように、まずは重視する目標を明確にして、それから家計に合わせて「お金を使うところ」「使うべきではないところ」を明確にしていくことが貯めるコツだといえます。

1/2ページ

最終更新:9/17(火) 19:15
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事