ここから本文です

『TWO WEEKS』最終回 三浦春馬、元恋人か? 娘か? 命の選択を迫られ…

9/17(火) 10:30配信

クランクイン!

 俳優の三浦春馬が主演を務めるドラマ『TWO WEEKS』(カンテレ・フジテレビ系)第10話(最終回)が本日17日放送される。最終回では、結城(三浦)が元恋人の青柳すみれ(比嘉愛未)と娘のはな(稲垣来泉)、どちらの命を助けるか究極の選択を迫られる。

【写真】娘はなに柴崎(高嶋政伸)の魔の手が…! 『TWO WEEKS』第10話(最終回)フォトギャラリー


 本作は、殺人の濡れ衣を着せられた三浦演じる結城大地が、白血病の娘の命を救うため非情な権力者に挑む、2週間の逃亡劇を描いたタイムリミットサスペンス。三浦、比嘉のほか、芳根京子、三浦貴大、高嶋政伸、黒木瞳らが脇を固める。

 結城がすみれの救出に奔走する間に、柴崎(高嶋)は、はな(稲垣)を病院から連れ出し監禁。結城が苦しむ姿を楽しむかのように、元恋人と娘、どちらを助けるか選べと迫る。しかし当然、結城には大切な2人の命を天秤にかけることなどできない。

 苦悶(くもん)の表情を浮かべて立ち尽くすことしかできない結城だったが、有馬(三浦貴大)から「お前ははなの所へ行け」という連絡が。その言葉に背中を押された結城は、すみれを有馬に託し、はなの元へ急ぐ。

 一方警察も、楓(芳根)の証言をもとに柴崎の逮捕に動き出し、早穂子(黒木)の元にも大勢のマスコミが押し寄せる。

 8年のときを経て娘の存在を知り、一度は捨てたはずの人生に再び希望を取り戻した結城は、襲いかかる柴崎の脅威に打ち勝つことができるのか?

 ドラマ『TWO WEEKS』第10話(最終回)は、カンテレ・フジテレビ系にて本日9月17日21時放送。

最終更新:9/18(水) 11:16
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事