ここから本文です

板垣瑞生の素顔にキュン!吉柳咲良、竹内涼真ら共演の『初恋ロスタイム』メイキング写真

9/17(火) 12:00配信

Movie Walker

2016年に刊行された仁科裕貴による同名小説を、『俺物語!!』(15)や『チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』(17)など数々の青春映画でメガホンを取ってきた河合勇人監督の手により実写映画化した『初恋ロスタイム』が9月20日(金)から公開される。このたび、本作に出演する板垣瑞生、吉柳咲良、竹内涼真がはつらつと撮影に臨む姿を収めたメイキング写真が到着した。

【写真を見る】竹内涼真が、吉柳咲良にまさかの“壁ドン”!?

浪人生の相葉孝司は、ある日、12時15分になると世界の人やモノといったあらゆるものが突然1時間だけ静止するという不思議な現象に遭遇する。現象に遭遇している間、自分だけ動くことができる孝司は授業中の学校を抜けだし街に出ると、自分のほかにもうひとり動くことのできる少女の篠宮時音と遭遇する。やがて2人は、その不思議な時間を“ロスタイム”と名付けて楽しむようになっていくが、その“ロスタイム”にはある秘密が隠されていたのだった。

幼いころに母親を病で亡くした経験から、諦め癖のついた無気力な日々を送る浪人生の孝司役には映画デビュー作『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』(15)で第25回日本映画批評家大賞の新人男優賞を受賞し、本作で映画初主演を飾る、人気ボーカルダンスグループ「M!LK」の板垣瑞生が演じる。また時音役を、歴代最年少でホリプロタレントスカウトキャラバンのグランプリを受賞し、ミュージカル「ピーターパン」の10代目主演にも抜擢された吉柳咲良が演じる。さらに、2人が遭遇する“ロスタイム“という現象を過去に経験し現象の真実を知る医師役を竹内涼真が演じている。

到着したメイキング写真では、板垣、吉柳、竹内の3人が楽しんで撮影に臨む様子を収めたものとなっている。ポスターや予告映像でも使用された海辺で板垣と吉柳の2人が写る写真では、カメラに向かってまぶしい笑顔をみせたり、板垣が吉柳の頭の上に手を置いてポーズをとるなど仲の良さがうかがえる。はたまた、劇中で吉柳が使用するスケッチブックを楽しそうに見る学校でのオフショットや板垣が集中した表情をみせるカット、吉柳に“壁ドン”をする竹内との2ショット、そして板垣が「役者として、人間として尊敬している」という竹内との仲睦まじいカットなど、映画本編に負けないほど爽やかな現場で本作が生みだされたことがわかるメイキング写真となっている。

そんな3人の姿が収められたメイキング画像からも伝わる、キラキラした世界感をそのまま焼きつけたような本作がどんな結末を迎えるのか。彼らが迎える運命をぜひ見届けてほしい! (Movie Walker・文/編集部)

最終更新:9/17(火) 12:00
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事