ここから本文です

ユナイテッド、来夏も英国産中心の補強継続! その最上位に2選手リストアップ

9/17(火) 20:00配信

超WORLDサッカー!

マンチェスター・ユナイテッドが来夏の移籍市場でもイギリス産の有望株をトップターゲットに掲げているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。

ユナイテッド監督就任後初のフルシーズンを戦うオーレ・グンナー・スールシャール監督の下、今夏の移籍市場で戦力の刷新に尽力したユナイテッド。ベルギー代表FWロメル・ルカクや、チリ代表FWアレクシス・サンチェスらを放出した一方で、イギリス出身の若き才能を中心としたチーム作りに着手したスールシャール監督はイングランド代表DFハリー・マグワイア、同代表DFアーロン・ワン=ビサカ、ウェールズ代表MFダニエル・ジェームズを獲得した。

そのユナイテッドは、来夏もイギリス出身のタレントを軸にした補強を継続する方針を固めているなかで、ルカクとサンチェスの放出で戦力ダウンした攻撃陣の強化を視野に。そこで、レスター・シティが求める移籍金7000万ポンド(約93億9000万円)を支払ってでも獲得の意思を示すイングランド人MFジェームズ・マディソン(22)とともに、ドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(19)を補強リストの最上位に挙げているという。

なお、ユナイテッドはそのほか、イングランド人MFシーン・ロングスタッフ(21)や、ボーンマスのイングランド代表FWカラム・ウィルソン(27)、ストーク・シティのU-19アイルランド代表DFネイサン・コリンズ(18)をリストアップしているとみられる。

超WORLDサッカー!

最終更新:9/17(火) 20:00
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事