ここから本文です

大迫勇也、大事に至らずか…ブレーメンは次節首位ライプツィヒ戦

9/17(火) 18:15配信

超WORLDサッカー!

ブレーメンに所属する日本代表FW大迫勇也は大事に至らなかった模様だ。ドイツ『キッカー』が報じた。

ブレーメンは14日、中断明け初戦のブンデスリーガ第4節でウニオン・ベルリンとのアウェイゲームに臨み、2-1で勝利。シーズン初の連勝を成し遂げた一戦だったが、開幕から4試合連続の先発を果たした大迫は68分に負傷でピッチを退いた。

その試合後、ブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督から交代理由として、筋肉の痙攣が明らかにされた大迫。深刻なケガであれば、調子が良いこの時期に戦線離脱の恐れもあったが、16日の精密検査で異常が見つからなかったという。

そのため、大迫は21日にホームで行われる次節のRBライプツィヒ戦もプレーできる見通し。ライプツィヒは開幕から3勝1分け無敗で首位に立つ好調さだけに、ここまでチーム最多3得点を挙げる大迫の離脱回避はブレーメンにとっても朗報だ。

超WORLDサッカー!

最終更新:9/17(火) 18:31
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事