ここから本文です

富士そばのタピオカ漬け丼…大好評につき、9月末まで販売延長! 料理に活用「逆転の発想」でヒット

9/17(火) 16:30配信

まいどなニュース

 甘いだけがタピオカじゃない。そんな〝逆転の発想〟で、そば・うどんチェーン店「名代 富士そば」の新宿・三光町店で限定発売された「タピオカ漬け丼」がヒット商品になっている。当初は8月後半だけの販売を見込んでいたが、好評につき、9月末まで販売が延長された。当サイトでは「これがタピオカブームの最終形態か」というテーマで取り上げた8月に続き、改めて9月に現場の声を聞いた。

【写真】タピオカ漬け丼とそばのセットメニュー。そば汁との相性が抜群

 8月16日の販売直後は売り上げが1日一桁と伸び悩んだが、SNSで情報が拡散し、テレビでも取り上げられたことによって、20日から1日約200食も出たという。羽生(はぶ)典史店長は「200食がずっと続くということはありませんが、その後も100食ペースで安定し、現在は80食前後。ありがたいことに、リピーターさんがいらっしゃるんですよ。3日連続で召し上がってくださった方もいてうれしかったです」と反響を明かした。

 見た目はイクラなのに食べるとタピオカ。プチプチじゃなく、モチモチ。話の種として1回食べて終わりと思いきや、はまった人もいるという。

 羽生店長は「店内でご提供した時に『イクラじゃん』みたいな声を耳にしますが、その後で『でも、やっぱりイクラじゃないよね』という反応に、みなさんなります。また、2人で来られて、1人は別のメニューを注文されても、『ちょっと食べさせて』とタピオカ漬けを分けてもらったり」と、来店客による〝タピ活あるある〟を描写した。

 同チェーンの他店舗からも希望があり、9月1日から14日まで都内の市ヶ谷店と御茶ノ水店でも販売された。〝元祖〟である三光町店でも一時は同じ14日までと告知したが、9月いっぱいまで販売することになった。

 この販売延長は同商品が想定以上に支持されたことを示すが、その背景を考えると、今回の企画で特筆されることがタピオカという食材をスイーツではなく、料理に活用したという点にあるだろう。それがうまくマッチした。羽生店長は「タピオカ、イコール甘いものという先入観がある」と指摘。その固定観念から自由だったことが開発に結び付いた。

 ブームとなったドリンク入りのタピオカはシロップ漬けだが、そもそもは熱帯低木「キャッサバ」の根茎から製造したデンプンで、無味の食材だ。甘いだけでなく、しょっぱくてもOKなんじゃないか?そばのタレに漬けたっていいじゃないか。そんな発想からご飯に乗せたタピオカがおかずになった。

 8月の取材時には単品(税込320円)を食べたのだが、今月はそばとのセット(同560円)にしたことで改めて発見もあった。タピオカで充満した口内のモチモチ感を、かけそばの汁で流すと、うまさが倍加した。

 個人経営の居酒屋のメニューに登場したという情報や、個人がSNSに「話題のタピオカ漬けを作ってみた」と投稿するケースもみられるようになった。そのパイオニアとなった羽生店長に「料理としてのタピオカ」の将来性について聞いた。9月末でひとまず今回の企画は終了予定だが、新たな可能性はあるのか。

 羽生店長は「タピオカを使った違うメニューを考案して、継続することも考えられるかもしれません。今はまだ分かりませんが…」と、現時点で具体的な第2弾は未定だが、この先の選択肢の一つとして模索されていく可能性を示唆した。ブームはいずれ去る。ただ、1カ月半に及ぶ今回の試みによって「タピオカを料理の食材として活用する」という視点が広がったことは確かだ。

(デイリースポーツ・北村 泰介)

まいどなニュース

最終更新:9/17(火) 19:30
まいどなニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事