ここから本文です

レポ金利の急上昇やまず、世界的なドル調達コストに波及

9/17(火) 22:41配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 米国で短期資金を調達する主要市場の一つであるレポ市場で、金利が急上昇したことが世界的なドル資金調達コストの上昇につながった。

米国の短期金融市場では17日、翌日物金利が前日に続いて急上昇した。ICAPの価格によると、翌日物レポ金利は600ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)を超える上昇となり、8.53%となった。この日は7%で開始していた。

翌日物金利が16日に急伸した状況はユーロとポンド、円、オーストラリア・ドルとのスワップレートに波及し、強いドル需要が示された。外為市場でユーロに対してドルを借り入れる1週間物のコストはほぼ倍増した。

突然のドル不足は2つの要因が偶然重なったためで、影響は短期的かもしれないが、重要な借入市場の脆弱(ぜいじゃく)性が浮き彫りになった。

企業が法人税を支払うため短期市場から資金を引き出したことと、大量の米国債入札の決済が重なった。780億ドル(約8兆4400億円)相当の発行に対して償還は240億ドル、そのギャップは500億ドルを上回った。ドル不足と米国債大量供給で、翌日物レポ金利は16日に2倍以上の4.75%に跳ね上がり、昨年12月以来の高水準に達した。

レポ金利上昇が国債を保有するコストを押し上げ、2年物米国債利回りと金利スワップのスプレッドは縮小した。ドル資金ひっ迫は他の市場でも表面化し、ユーロや円などの通貨をドルに交換する3カ月物のプレミアムが急上昇。短期のユーロドル先物が下落し、インプライド金利が上昇した。

原題:Repo Squeeze Threatens to Spill Over Into Funding Markets(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Stephen Spratt

最終更新:9/17(火) 22:41
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事