ここから本文です

NY原油先物、アジア時間帯早朝は一時1.7%安-上昇が一服

9/17(火) 8:10配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): ニューヨーク原油先物相場はアジア時間帯17日早朝の取引で上昇が一服し、ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物10月限は一時1.7%安で取引された。サウジアラビアの石油関連施設への攻撃で同国の石油生産のおよそ半分が停止したと伝えられたことを受け、16日の米市場の通常取引では15%高で終了していた。

シドニー時間17日午前8時23分時点でWTI先物10月限は69セント安の1バレル=62.21ドル。16日の通常取引終値は5月21日以来の高値となる62.90ドルだった。

原題:Oil Takes a Breather After Record-Breaking Gain on Saudi Attacks(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

James Thornhill

最終更新:9/17(火) 8:10
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事