ここから本文です

マブスが功労者ノビツキーのシグネチャーシルエットをホームコートデザインに採用

9/18(水) 10:20配信

バスケット・カウント

あらゆる形で後世に伝えられるノビツキーの功績

写真=Getty Images

2018-19シーズンを最後に、マーベリックス一筋のキャリアを終えたダーク・ノビツキー。その功績はあらゆる形で称えられているが、オーナーのマーク・キューバンは本人も驚くサプライズを用意していた。

なんと、2019-20シーズンから、マブス本拠地アメリカンエアラインズ・センターのコートデザインとして、ノビツキーのシグネチャームーブ『片足フェイダウェイシュート』のシルエットが使われるのだ。

この報せを先週末に開催したプロセレブリティ・テニス大会で聞いたノビツキーは、「本当に、本当にうれしい」と、喜びを表した。「サプライズだね。とても名誉なこと。こんなことをしてもらえた選手は、過去にもいないと思う」

「マークには心から感謝しているよ。きっとマークが発案者だね。試合を見に行くと、そこに自分のロゴがあるなんて信じられない気持ちになる。これは本当に特別なことだよ」

ダラス市も動き、アメリカンエアラインズ・センター近くの通りを『ノビツキー通り』と改名する案が申請された。近い将来、アメリカンエアラインズ・センターの外には、ノビツキーの銅像も建てられるはずだ。

短期間であまりにも多くのことが起こり、ノビツキーも困惑しているだろうが、ダラスにとってそれだけ特別な存在ということ。ノビツキーの功績は、あらゆる形で後世に伝えられる。

バスケット・カウント

最終更新:9/18(水) 10:20
バスケット・カウント

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事