ここから本文です

【キングダム】N国党・立花孝志の会見乱入の入江代表、RIZIN大みそか参戦へ猛アピール

9/18(水) 12:22配信

イーファイト

 10月6日(日)東京・北沢タウンホールで開催される『キングダムエルガイツ生誕20周年記念大会~FOREVER OF KINGDOM~』の公開記者会見が16日に都内で行われ、キングダムエルガイツ代表・入江秀忠(50=キングダムエルガイツ/リングネーム・超人イリエマン)が、RIZIN参戦をアピールした。

【フォト】朝倉未来直筆だというイリエマンのRIZIN参戦嘆願署名

 今月9日に行われた「NHKから国民を守る党」(N国党)立花孝志氏の会見に乱入し世間を騒がせた入江代表は、並行して今年7月に行われたRIZIN名古屋大会における署名活動、9月の『DEEP JEWELS』にトークライブ参加のために訪れた朝倉未来(トライフォース赤坂)の参戦嘆願署名捺印といったアピールを展開。それを踏まえ、RIZIN参戦に向けての具体的なプランを展開した。

 入江代表は今月15日に行われたプロレス団体「COMBO」の新宿FACE大会で、会場に訪れていたプロレスラー、そしてPRIDEでも活躍した総合格闘家でもあるアレクサンダー大塚(48)と接触。条件次第で入江代表との対戦を受諾するという約束を取り付けたことを発表し、RIZINにおける「超人イリエマンvsアレクサンダー大塚」の一戦を提案した。

 また、大塚戦に限らずもし入江代表がRIZINに参戦する際にはすべてノーギャラ、さらに引退を賭けての参戦になると発表。チケット数百枚を買い取り販売するという販促活動への協力も呼びかける"猛アピール"を展開した。

 入江代表は目標を「RIZIN大みそかへの参戦」と断言。記者会見の中で見せた「格闘技界のジョーカーである俺を取り込めない理由を聞きたい」と半ば挑発とも見える発言で、RIZIN関係者からのアクションを呼び込む構えを見せた。

 なお、9月18日時点において、本件に対するRIZIN側からの回答は、公式には発表されていない。

最終更新:9/18(水) 15:42
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事