ここから本文です

筑波大時代の恩師、吉田監督がNBA挑戦の馬場雄大にエール「夢をかなえてほしい」

9/18(水) 13:00配信

バスケット・カウント

「彼の描いたストーリー通りに行ってもらえれば」

取材=丸山素行 構成=鈴木健一郎 写真=古後登志夫



関東大学バスケは秋のリーグ戦を実施中。馬場雄大がNBAマーベリックスのキャンプ参加を発表した会見が行われた昨日も、母校の筑波大は法政大との試合を戦っていた。筑波大の吉田健司監督は、馬場の海外挑戦について「夢に一歩ずつ近づいていると思います」と教え子にエールを送った。

もともと、馬場は筑波大に進学する前から「NBAでプレーしたい」という夢を公言していた。

「高校で話をした時もNBAのことは聞いていました。私もサポートしようとやってきた中で、周りのサポートもありますが、やはり一番は本人の頑張りです」と吉田監督は馬場の努力を称賛した。

馬場は筑波大を卒業しているが、バスケットボール部でプレーしたのは3年生まで。4年は在学しながらプロに転向し、アルバルク東京でプレーした。この時、悩める馬場の背中を押したのは吉田監督だった。「NCAAの大学に行くかどうかで相談を受けた時もいろいろ考えました。1年しかプレーできないのにNCAAに行くのはギャンブルだし、それなら早くBリーグに行って、日本で活躍して日本代表でもプレーして。みんながサポートできる環境の中で結果を出していこうと」

そうやって吉田監督のアドバイスを受けながら馬場が描いたストーリー通りに、物事は運んでいる。Bリーグの2シーズンはいずれも優勝。1年目は新人王で2年目はファイナルMVP、そしてワールドカップでも爪痕を残した。

吉田監督も、馬場の海外挑戦は良いタイミングだと見ている。「アルバルクさんのサポートでサマーリーグに行けて、今回のワールドカップでも自分の力を見せ付けました。ただ、NBAはレベルが全然違います。ランニングプレーだけでは通用しないし、もっと3ポイントシュートを決めなければいけない。それは向こうに行って戦って、最終的にオリンピックで活躍するという彼の描いたストーリー通りに行ってもらえればいいと思います」

吉田監督は「是非とも夢をかなえてほしい」と言葉に力を込める。その馬場は常々、「多くの人のサポートのおかげで今の自分がある」と語ってきた。吉田監督のサポートに報いるためにも、アメリカで全力を尽くしてもらいたい。

バスケット・カウント

最終更新:9/18(水) 13:00
バスケット・カウント

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事