ここから本文です

家賃25万円、サンフランシスコで最も狭い部屋を見てみよう

9/18(水) 12:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

サンフランシスコは、アメリカで住宅の賃料が最も高い地域として知られる。

Business InsiderはZumperの協力で、サンフランシスコ市内で最も狭い住宅を探し出した。

【全画像をみる】家賃25万円、サンフランシスコで最も狭い部屋を見てみよう

同じ建物の別の部屋は、小さなキッチンと、一体化されたシャワー、洗面所、トイレ以外はほとんどないことで有名になっている。

アメリカで最も家賃が高い街で暮らすためには、犠牲を払う必要があるかもしれない。

Business InsiderはZumperの協力で、サンフランシスコ市内全体で募集されている最も狭い住宅を特定した。

サンフランシスコの一般的な家賃は、4500ドル(約48万5000円)を超えるものだが、Zumperによれば、ローワーノブヒル地区のあるワンルームの部屋は月2295ドル(約24万8000円)と魅力的だ。

同じ建物の別の部屋は現在は入居者を募集していないが、小さなキッチンと、一体化されたシャワー、洗面所、トイレ以外はほとんどないことで有名になっている。

誰もがこのようなバスルームやキッチンで満足できるわけではない。だが、サンフランシスコの厳しい賃貸市場では、選り好みはできない。

その部屋は、ローワーノブヒル地区のケニルワース(Kenilworth)という建物にある。

Business Insiderはこの狭小住宅の内部を見学した。

この部屋の最大の特徴は、一体化されたトイレ、シャワー、洗面台だ。朝のルーティンをいかに効率的に行いたいか、それ次第ではこのサイズがメリットになるかもしれない。

シャワーの中にある小さな洗面台は、利用できるスペースをすべて使っている。

キッチンは、ミニ冷蔵庫、小さなシンク、戸棚のほか、電子レンジと小さなコーヒーメーカーを置くためのカウンターのみ。

テレビを見るのに遠くへ行かなくていい。テレビ台は便利なことに、バスルームとキッチンからすぐそばにある。

メインの家具はベッド。バスルームとキッチンエリアのすぐ近くにある。

窓から光が差し込み、ワンルームを少しだけ広く感じさせる。

ベッドを壁面に収納してしまえば、小さなスペースができる。

Zumperによれば、現在この部屋は入居者を募集していない。だが同じ建物の別の部屋(サンフランシスコで最も狭い部屋)は、2300ドルで入居者募集中だ。

これらの部屋はとても狭いが、ロケーションはいい。ユニオンスクエアのショッピング街からわずか2区画の場所にある。

通勤にも便利で、オフィス街まで徒歩でわずか15分だ。

[原文:The building that is renting San Francisco's smallest apartment also has a unit that combines a shower, toilet, and sink]

(翻訳:Makiko Sato、編集:Toshihiko Inoue)

Mary Meisenzahl

最終更新:9/19(木) 9:21
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事