ここから本文です

【サウジ攻撃】政府は数カ月前からドローンの脅威に気付いていたが、何もできなかった

9/18(水) 12:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

9月14日のサウジアラビアのアブカイクとクライスの石油施設への攻撃は、数カ月前からある程度分かっていたサウジアラビアの防衛の弱点を突くものだった。

石油施設への攻撃の前、サウジアラビアでは空港や水処理施設、石油パイプラインが複数のドローンによる攻撃を受けていた。

専門家たちが重要インフラの脆弱性に警鐘を鳴らす中、サウジアラビアの政府高官は6月、「最近の出来事は、防衛の観点から、我々が危険にさらされていることを示している」とウォール・ストリート・ジャーナルに語っていた。

サウジアラビアの軍需産業の幹部は9月17日、「年明け以来、(ドローンに対して)パニックになっている」とフィナンシャル・タイムズに語り、サウジアラビアが適切な防衛を手に入れようと対応を急いでいることを明かした。

週末のサウジアラビアの石油施設への攻撃は、ある程度分かっていた、だが誰も効果的な対処法を見つけられなかったサウジアラビア防衛の隙を突くものだった。

サウジアラビアのアブカイクとクライスの石油施設は、爆発するドローンと巡航ミサイルに攻撃されたと考えられている。今回の攻撃はサウジアラビアの石油生産をまひさせるだけでなく、主要なエネルギー施設が実際はいかに脆弱かを示すものだった。

しかし、サウジアラビアのインフラがドローンやミサイルの攻撃を受けるのは、これが初めてではない。

サウジアラビアの主導する連合軍と数年前から戦っているイエメンの親イラン武装組織フーシ派は、4月から6月末にかけて空港や水処理施設、石油パイプラインに10回、ドローンやミサイルを使った攻撃を加えている。

6月下旬にはサウジアラビアの政府高官が、「最近の出来事は、防衛の観点から、我々が危険にさらされていることを示している」とウォール・ストリート・ジャーナルに語っていた。

フィナンシャル・タイムズは、サウジアラビアが今回の石油施設への攻撃の前からドローン攻撃に対する脆弱性を認識していたと報じている。今回の攻撃をめぐっては、フーシ派が犯行声明を発表しているが、イランの関与が疑われている。

サウジアラビアの軍需残業の幹部は、「年明け以来、(ドローンに対して)パニックになっている」と言い、「国を守れと、 トップ・ダウンで話が来ている。(自身のシステムで)できると言うなら、今すぐやれと」とフィナンシャル・タイムズに語った。

サウジアラビアはイランやその親派からの脅威に直面している。イランは周辺地域内でも古くからドローン開発を続けている国の1つで、実害を与え得る戦闘装備をさまざまな組織に提供してきた。こうした兵器システムは、力の弱い武装組織や反政府グループにまで、比較的低コストで優位な戦力に効果的に攻撃する能力を与えている。

サウジアラビアの軍事費は世界で3番目に多い。だが、ドローンとミサイルによる攻撃は、その石油生産能力を半減させ、世界の石油供給の約5%を止めた。

問題は、サウジアラビアが頼りにしている、アメリカのミサイル防衛システム「パトリオット」のような伝統的な防空システムは、小さくて、遅い、低空飛行のドローンによる脅威に対応するようデザインされていないことだ。今回の石油施設への攻撃の場合、ドローンとミサイルがいずれにせよこうしたシステムを回避できる場所から飛んで来たことが分かっている。

そして、対ドローン技術にはまだ、こうしたタイプの攻撃に十分対処できるほどの力がない。

サウジアラビアの石油施設が5月にドローン攻撃を受けた際、専門家たちは攻撃に弱いエネルギー関連のターゲットは、海の航路だけではないことを示すものだと、警鐘を鳴らした。

例えば、Falanx Assyntのリスク・コンサルタント、チャールズ・ホリス(Charles Hollis)氏は、この攻撃は「ホルムズ海峡だけがサウジアラビアの石油輸出ルートの弱点ではない」ことを明確に示したと、フィナンシャル・タイムズに語っている。

一部の専門家たちは、ドローンが迷惑以上のものになる可能性を否定してきたが、最近の攻撃はそうではないことを表している。バード大学ドローン研究センター(Center for the Study of the Drone)の創設者で共同責任者のアーサー・ホランド・ミッチェル(Arthur Holland Michel)氏は、攻撃はこうしたシステムによって「どれだけの被害を出せるか、軍や警察が最も恐れていたこと」を裏付けるものだとINSIDERに語った。

近代の戦闘における重要な要素となりつつあるドローンやその他の無人システムは、非対称のアドバンテージを与えている。

ミッチェル氏は「世界中で軍や治安当局がこの脅威への対策を急いでいる」とした上で、「誰もその答えを見つけられていないのは明らかだ」と語っている。

[原文:Saudi officials knew they were 'exposed' to drone attacks months ago but they weren't able to do anything to stop it]

(翻訳、編集:山口佳美)

Ryan Pickrell

最終更新:9/19(木) 0:01
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事