ここから本文です

3次元データの共有や情報公開を支援する「Web3Dビューワー」を発売

9/18(水) 13:10配信

MONOist

 VTSソフトウェアは2019年9月2日、glTF形式ファイルを読み込み、Webブラウザ上で表示する「Web3Dビューワー」を発売した。基本価格は20万円から(税別)となる。

3D PDFファイルをダウンロード

 3次元のPDFファイル(3D PDF)を作成するためのツール「PDF3D ReportGen」は、glTF形式へのデータ変換機能をサポートしている。このPDF3D ReportGenを利用して、STEPやIGESなどの機械系CADデータ、IFCなどの建築CADデータ、VRMLやOBJなどの汎用(はんよう)的な3次元データをglTF形式のファイルに変換。WebGLに対応したWebブラウザを使って、タブレットやスマートフォン上でその3次元データを見られるようになる。

 マウスを使って回転や拡大縮小などの操作ができるほか、パーツの表示、非表示、パーツに設定された情報の表示にも対応する。

 また、データ変換時に3D PDFファイルも準備しておくと、Web上でのデータ閲覧のほか、データ共有サイトも構築可能だ。

MONOist

最終更新:9/18(水) 13:10
MONOist

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事