ここから本文です

ビービットのUSERGRAM「ユーザー注目ワード機能」をアップデート

9/18(水) 17:26配信

Web担当者Forum

UXを中心とした事業を支援するビービットは、同社が提供するシーケンス分析クラウド「USERGRAM」に、直感的にユーザの興味を把握したいという要望に応える「ユーザ注目ワード」を2018年より搭載している。このたび、AI技術を用いてユーザ注目ワード機能をアップデートした、と9月17日発表した。

具体的なアップデートのポイントは2点ある。「AI技術による分析機能の強化」によりデータ解析上の重み付けをAI技術により自動調整するようになった。また「分析パフォーマンス改善」により、計算量が増大し、レスポンスが遅くなってしまわないように、分析基盤のリプレイスを実施した。

アップデートによって、個々の興味・関心がより精緻に評価できるようになり、正しい「状況の発見」につながるという。今後「ユーザ注目ワード」機能においては、ユーザの行動データをより有意なものとして把握できるように、改善を進めていく。

最終更新:9/18(水) 17:26
Web担当者Forum

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事