ここから本文です

カタール航空、関西4年ぶり再就航へ 20年4月

9/18(水) 19:34配信

Aviation Wire

 カタール航空(QTR/QR)は現地時間2020年4月6日から、ドーハ-関西線の運航を4年ぶりに再開する。当初週5往復運航し、6月23日から1日1往復に増便する。

 月曜と水曜、金曜、土曜、日曜の週5往復を、エアバスA350-900機(2クラス283席:ビジネス36席、エコノミー247席)で運航する。運航スケジュールは各日共通で、関空行きQR802便はドーハを午前2時10分に出発し、午後5時50分に到着する。ドーハ行きQR803便は午後11時30分に関空を出発し、翌日午前4時50分に着く。

 運休前のドーハ-関西線は、2005年3月31日に運航を開始。2016年3月31日の運航を最後に運休した。今回、4年ぶりの再就航となる。

 同社の日本路線は羽田線と成田線の2路線で、いずれもドーハから乗り入れている。羽田線にはA350-1000、成田線にはボーイング777-300ER型機を投入し、いずれも1日1往復ずつ運航している。

Yusuke KOHASE

最終更新:9/18(水) 19:34
Aviation Wire

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事