ここから本文です

フィアット 500X に「スポーツ」、専用チューンの足回り…欧州発表

9/18(水) 10:15配信

レスポンス

フィアットは9月13日、改良新型フィアット『500X』(Fiat 500X)に、新グレードの「スポーツ」を欧州で設定すると発表した。

画像:フィアット 500X スポーツ

フィアット500Xは、2014年秋に登場した小型SUVだ。フィアット「500」シリーズに加わった派生モデルで、ハッチバックのフィアット『500』、MPVのフィアット『500L』などに続いて、500シリーズのバリエーションを拡大した。2018年夏には、欧州で改良新型が発表されている。

◆1.3ターボは150hp

この改良新型フィアット500Xに、欧州で新グレードのスポーツが設定された。フィアット500Xシリーズの最上級グレードであり、スポーツ性を強調しているのが特長だ。

スポーツは他のグレードと比較して、車高が13mm低くなった専用サスペンションを装着する。タイヤは225/40サイズのスポーツタイヤで、専用デザインの19インチアルミホイールを組み合わせた。フィアットによると、専用チューンの足回りにより、路面へのホールド性が向上しているという。

また、ステアリングシステムは、より正確でレスポンスに優れるフィードバックをドライバーにもたらすよう、再チューニングを受けた。さらに、「FSD」(Frequency Selective Damping)テクノロジーを使用したショックアブソーバーを、前後サスペンションに採用する。フィアットによると、高速走行時でも優れた操縦性を実現しているという。

19インチスポーツタイヤの効果で、18インチタイヤを備えた500Xと比較して、横方向への加速度が8%増加した。新しいサスペンションチューニングにより、カーブ進入時のレスポンスが大幅に向上し、アンダーステアが26%減少し、極端な条件ではオーバーステアが17%減少しているという。

パワートレインは、「FireFly」と呼ばれる 1.3リットルの直列4気筒ガソリンターボだ。最大出力は150hp、最大トルクは27.5kgmを発生する。トランスミッションは、6速デュアルクラッチを組み合わせている。

◆スポーティな専用内外装

内外装は、スポーティな仕上げとした。ボディカラーには、専用のレッドセダクションを設定し、車両のダイナミックなラインを強調する。ジェラートホワイト、モーダグレー、イタリアンブルーのボディカラーでは、ルーフはブラック仕上げとなる。シネマブラックのボディカラーも用意された。前後バンパーも専用デザインで、リアはディフューザースタイルとなる。デュアルクロームエキゾーストも装備した。ハロゲンよりも6割明るく、エネルギー消費を抑えたフルLED ヘッドライトとLEDフォグランプを装備する。

インテリアにも、スポーティな演出を施した。アルミ製シフトレバーをはじめ、テクノレザー製スポーツステアリングホイール、チタングレー仕上げのダッシュボードを装備した。オプションで、インストルメントパネルをアルカンターラ仕上げにすることも可能だ。ブラック基調のシートには、グレーとレッドのステッチが添えられる。

◆交通標識認識とレーンアシストが標準

新しい「交通標識認識システム」を標準装備した。これは、フロントガラスの内側に取り付けられたカメラが、速度制限などの道路標識を読み取る。取得されたデータはリアルタイムでメーターパネルのディスプレイに送信され、ドライバーに警告を行う。

車線逸脱警報システムの「レーンアシスト」も標準装備だ。カメラの光学センサーを使用して、車線内の車両の位置を検出する。ウインカーを作動させずに車線を逸脱しそうになると、警告を発し、元の車線に戻してくれる。レーンアシストは60~180km/hの範囲で作動する。


《レスポンス 森脇稔》

最終更新:9/18(水) 10:15
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事