ここから本文です

2週連続優勝へ浅地洋佑は「アウェーでも気にしない」

9/18(水) 17:40配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内男子・KPGA・アジアン◇シンハン ドンヘ オープン 事前(18日)◇ベアーズベストチェオンナGC(韓国)◇7252yd(パー71)

今平周吾は婚約者とタッグ

前週の「ANAオープン」で今季2勝目を挙げた浅地洋佑は17日(火)に韓国入り。この日は小田孔明や出水田大二郎とともに練習ラウンドを行い、18ホールを入念にチェックした。「見た目は広いですけど、フェアウェイは狭くなっていて、ラフもすごく長いので、あまりスコアが出なそうなセッティングだなと思いました」とコースの印象を語った。

国内ツアー最多5人によるプレーオフの末に逆転優勝を果たしてから、「会う人、会う人におめでとうと言ってもらえるのでうれしいですね」と反響は感じているが、「初優勝の時は初めてのことばかりだったので大変でしたけど、2回目だったのでだいぶ免疫もついて過ごし方が落ち着いていました」と慣れた様子だ。

賞金ランキングは2位に浮上。今週は同ランクトップの石川遼が出場しないため逆転のチャンスでもあるが、「各ツアーのトップ選手が出る大会なので、そんな簡単に上位に行けるとは思っていない」と冷静さは失わない。それでも「もちろんチャンスがあれば狙っていきますけど」と目を輝かせる。

初優勝を挙げた今年5月のアジアンツアーとの共同主管競技「ダイヤモンドカップ」、6月の「コロン韓国オープン」(40位)に続く今季3試合目のアジアンツアーへの参戦。同ツアーの賞金ランキングは3位につける。「両ツアーでいい位置にいる。今週は両ツアーに加算されるので頑張りたい」と意気込む。

予選ラウンドは韓国ツアーで人気を集めるノ・スンヨルと同組になった。「ギャラリーは韓国人選手を応援すると思うので、アウェーの中でも気にしないでやろうかなと」と異国での試合にも対応力を見せる。

初優勝の翌週「関西オープン」では予選落ちを喫しているだけに、「あまりバタバタせず堅いプレーをしたい、気合を入れ過ぎないようにいつも通りやりたいなと思います。最終日のバックナインでいいところにいたい」と目標を語った。(韓国・インチョン/柴田雄平)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事