ここから本文です

転倒にバードストライク……アロンソのラリーレイド初実戦は波乱万丈。総合16位も”貴重な経験”を積む

9/18(水) 18:07配信

motorsport.com 日本版

 フェルナンド・アロンソは、9月13日(金)と14日(土)にかけて南アフリカを舞台に行われたラリーレイドイベント、『リヒテンバーグ400』にTOYOTA GAZOO Racingのトヨタ・ハイラックスで出場した。

【ギャラリー】初めてのラリーレイドに挑んだアロンソ。”凹んだ”フロントガラスで走る姿も……

 2輪ラリーレイドの経験が豊富なマルク・コマをナビゲーターに迎え、初のラリーレイド実戦に挑んだアロンソだったが、波乱続きの展開で上位フィニッシュはできなかった。それでも、2020年1月に行われるダカールラリー挑戦の可能性を見定めるべく、貴重な経験を積んだようだ。

 アロンソは13日のプロローグステージ(55km)をトップから32秒遅れの3番手で終えた。しかし14日、最初のループセクション(190km)では、走行開始から27km地点でマシンが”転倒”してしまい、フロントガラスが破損してしまった。

 アロンソとコマは、フロントガラスを取り除く作業を行いタイムロス。それでも、残りのステージをフロントガラスがないまま走りきった。

 主催者の判断で最初に出走した2度目のループセクション(190km)でも、アロンソとコマはトラブルに見舞われた。走り始めて5kmのところで、鳥と衝突。またしてもフロントガラスを破損してしまったのだ。アロンソとコマは、損傷したフロントガラスを片手で抑えながらも走行を継続。総合16位でフィニッシュを果たした。

 TOYOTA GAZOO Racing 南アフリカのチーム代表であるグリン・ホールは、残念な結果に終わったにもかかわらず、今回のイベントでアロンソのクロスカントリーラリードライバーとしての可能性が証明されたと語った。

「今回、フェルナンドにはスピードがあり、マルクにはコドライバーとしてハイラックスに乗る能力があるということが間違いなく証明された」

「浮き沈みもあったが、今回はクルーにとってかけがえのない経験だった」

「プロローグでは、フェルナンドが世界でもレベルが高い南アフリカのベストドライバーに追いつくことができるということを示した。我々はスピードの面ではそういったレベルで争い、急激に学び、そして途中で少し挫折することを期待していた」

「彼らにとっては、まさにそういった経験が必要だ。ビッグレース中にそういったことが起こっても驚かないようにね。フェルナンドとマルクが今回示した決断力は印象的だった」

 アロンソは「残念ながら、今回は僕たちにとって悪夢のような1日だった」と語った。

「午前中は少し(マシンが)転がってしまい、フロントガラスが壊れてしまった。視界に影響が出ていたので、それを取り外さなければいけなかった。残りの走行は、他のマシンが砂埃を巻き上げた中、ゴーグルを付けて運転した」

「2回目のループでは、僕たちが先頭を走ることをオーガナイザーが許可してくれて、クリアな視界を確保できた。でも数km走って鳥にぶつかり、フロントガラスが再び壊れてしまった。その後は片方の手をフロントガラスに、もう片方の手をステアリングホイールに置いて約200kmを走った」

「我々にとってはベストな日ではなかった。でも、ハイラックスでさらに多くの走行距離を重ねることができた。より重要なレースに出る前に、そういったことを体験するのは良いことだ」

 バイクで5度ダカールラリーを制しているコマは「フェルナンドと共に状況を管理し、ラリーを終えた」と付け加えた。

「今回、多くのチャレンジに直面したが、貴重な走行経験を積むことができた。そういったこともすべて、僕たちの経験の一部なんだ」

 アロンソは、10月3日~9日に行われるラリー・モロッコにも参加する予定となっている。このイベントは、伝統的にダカールラリーの”ウォームアップ”として捉えられているラリーレイドだ。

Jamie Klein

最終更新:9/18(水) 18:07
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事