ここから本文です

Apple Watch使ってる人ってバッテリーもち気にならないの? 18時間で満足してる場合じゃないって

9/18(水) 17:01配信

ギズモード・ジャパン

え、気にならない? え、え?

米Gizmodo編集部のヴィクトリア記者、今回のApple Watch Series 5の発表で、モヤモヤしていることがあるそうです。自分はとても気になるのに、周りはそうでもないみたい? ビクトリアのモヤモヤ、聞いてあげてください。

Apple Watch Series 5発表! LTPO新スクリーンにソフトウェアもアップデートで盛り上がるなか、まったく変わってなかったところ、ありますよね。それは、1日もつバッテリー=18時間。

発表後に担当したApple Watch Series 5の記事でも触れたバッテリーもち時間。記事に寄せられたコメントを見ると、「けっこう18時間以上もつよ!」「1度の充電で48時間もったことある」という声が。また、「どうせ毎日充電するから関係ない」という人も。

なんで気にならないの!?

米Gizmodo編集部内では「十分1日もつから別に気にならない派」と「他社ウォッチと比較するとバッテリーもち悪いからApple Watchは使わない派」とキレイに真っ二つでした。

この反応には、個人的に少々びっくり。え、Apple Watchユーザー(ファン)って、バッテリーもち時間には無頓着なの? FitbitやGarminなどのライバル端末は、バッテリーもちに力いれて、ものすごく強調してるけど? Fitbit Versa 2なんて7日間もつってテストされてるけど? しかもデフォで睡眠トラッキングあり。スマートウォッチはつけている時間が長ければ長いほど、その恩恵も多く受けられます。逆に言えば、充電している時間(回数)が長いことで集まるのは、データではなくホコリだけ…。

今回のSeries 5でわかったのは、Appleが優先したいのはバッテリーもちではなく新機能だということ。

それは、Apple Watchユーザーがバッテリーもちを気にしないってわかっているからでしょうか? それとも、毎晩充電するというルーティンがすでに組み込まれているから大丈夫という判断なのでしょうか? ガジェット界のストックホルム症候群? AndroidのWear OSユーザーが、Snapdragon Wear 3100チップセット採用で、バッテリーもちが飛躍的に伸びて歓喜したのはなんだったのでしょうか?

1/2ページ

最終更新:9/18(水) 17:01
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事