ここから本文です

トヨタ、米国テキサス工場へ4億ドルを投資 ピックアップトラック需要に対応

9/18(水) 13:15配信

レスポンス

トヨタ自動車は9月17日、米国テキサス州サンアントニオ市でピックアップトラック『タンドラ』『タコマ』を生産するトヨタモーターマニュファクチャリング テキサス(TMMTX)にて、2021年にかけて、約4億ドル(約430億円)を投資する計画を発表した。

[関連写真]

今回の投資は、ライトトラックへの高い需要が続く米国の市場環境を踏まえ、トラック生産工場であるTMMTXの中長期的な競争力向上を目指し、新しい生産設備の導入など工場の刷新を進めるもの。今回の投資は、2017年1月および2019年3月に公表した、2017年から2021年までの5年間で約130億ドル(約1兆4000億円)を米国に投資する計画の一環だ。

また、トヨタによるTMMTXへの投資とは別に、トヨタグループのアイシン・エィ・ダブリュも同日、2019年4月に発表した米国における新たな生産拠点を、テキサス州シボロ市に建設することを発表。新工場建設に伴い、同社は2023年までの5年間で、約4億ドルを上限とする投資と、約900名の新規雇用を予定している。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:9/18(水) 13:15
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事