ここから本文です

「邪魔だったから」 線路に向かって自転車投げ入れた男を逮捕

9/18(水) 20:10配信

カナロコ by 神奈川新聞

 JR南武線の線路に向かって自転車を放り投げたとして、幸署は18日、威力業務妨害の疑いで、川崎市幸区小倉、会社員の男(40)を逮捕した。

【写真】脱線の小田急線

 逮捕容疑は、4月11日午後4時50分ごろ、自宅近くの路上に駐輪されていた自転車を同線の線路敷地内に投げ入れ、JR東日本の業務を妨害した、としている。「邪魔だったから投げ入れた」と供述、容疑を認めているという。

 署によると、現場は鹿島田駅から矢向駅に向かって約300メートルの地点。自転車は歩道から高さ約2メートルの金網越しに投げ入れられ、線路脇に落下した。けが人や列車の運行への影響はなかった。周辺の防犯カメラの映像などから同容疑者が浮上した。

神奈川新聞社

最終更新:9/18(水) 20:10
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事