ここから本文です

井ノ原快彦と本上まなみがナレーション担当、劇場アニメ「すみっコぐらし」本予告公開

9/18(水) 5:00配信

映画ナタリー

サンエックスのキャラクター・すみっコぐらしが登場する劇場アニメーション「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」のナレーションを井ノ原快彦(V6)、本上まなみが担当することが明らかになった。

【動画】「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」本予告(メディアギャラリー他9件)

絵本の中に連れて行かれたすみっコたちの大冒険を描く本作。今回YouTubeで公開された本予告には、すみっコたちが人魚姫や赤ずきんちゃんの格好をする姿や、絵本の中で仲間を探していた“ひよこ?”も冒険をともにするシーンが収録された。また9月20日からは全国の劇場でパズルキーホルダー付きの前売り券第2弾が販売される。

アニメ映画のナレーションは初めてだという井ノ原は、「気になるキャラクターは、えびふらいのしっぽです。僕はいつも残さず食べるので、最後まで食べてほしいっていう願いを叶えてあげられるかなと思いました」とコメント。絵本の語りを担当する本上は「実は私も、子どものころからの“すみっこ派”。壁とタンス、壁とソファの隙間なんかにきゅきゅっと挟まりじーっとしていたので、よく家族に探されていましたっけ…」と本作への親しみを明かした。

「アイドルマスター シンデレラガールズ劇場」のまんきゅうが監督、ヨーロッパ企画の角田貴志が脚本を担当した「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」は、11月8日より全国ロードショー。なお、本作のアニメーション制作は「ざんねんないきもの事典」のファンワークスが手がけた。

■ 井ノ原快彦 コメント
今回アニメ映画のナレーションは初めてだったんですが、楽しい収録でした。まんきゅう監督とも息が合って、普段自分では使わないような声を引き出していただきました。
気になるキャラクターは、えびふらいのしっぽです。僕はいつも残さず食べるので、最後まで食べてほしいっていう願いを叶えてあげられるかなと思いました。
「こういうことってあるよなあ」とほんわかした気持ちになったり、時にはほろっとするような場面もあったり。家族揃って観て、感想を言い合えるような作品になっていると思います。

■ 本上まなみ コメント
動いているすみっコちゃんの姿にわくわくしながら、楽しく収録しました。実は私も、子どものころからの“すみっこ派”。壁とタンス、壁とソファの隙間なんかにきゅきゅっと挟まりじーっとしていたので、よく家族に探されていましたっけ…。そのため彼らには、とても親しみを感じているのです。
今回は絵本の語りを担当しました。みなさんも読んだことのあるお話がきっとあるはず。すみっコたちは映画のなかでもすみっこにいるのかな? ひみつのコって誰だろう? ご家族やお友だちと一緒に楽しんでいただけたら嬉しいです。



(c)2019日本すみっコぐらし協会映画部

最終更新:9/18(水) 5:00
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事