ここから本文です

<相棒>新シーズン初回ゲストに船越英一郎 “兄”水谷豊とシリーズ初共演

9/19(木) 5:00配信

まんたんウェブ

 俳優の船越英一郎さんが、10月スタートの人気刑事ドラマ「相棒」(テレビ朝日系)の「相棒season18」初回スペシャルに、ゲスト出演することが9月19日、明らかになった。船越さんが同シリーズに出演するのは今回が初めて。兄のように慕い続けてきたという水谷豊さんと共演を果たす。

【写真特集】“弟分”船越英一郎が水谷豊と対峙… 異色の元レンジャー役

 船越さんはデビューまもなく、水谷さん主演の連続ドラマ「気分は名探偵」(1984~85年、日本テレビ系)で約半年間にわたって共演。同ドラマで主人公の“弟分”を演じた船越さんは、「まだ右も左も分からない時期に、演技のことはもとより、俳優としての姿勢や心得、そして人間としてのあり方など、僕自身の基礎となるようなものをすべて教えていただいたんです。だから僕は一生、水谷さんの弟分だと自負しています」と振り返っている。

 2人の絆が育まれた背景には、船越さんの亡き父、船越英二さんが大ヒットドラマ「熱中時代」(1978~81年、日本テレビ系)で水谷さんと共演し、深い親交があったという縁もあるという。

 「相棒season18」の初回スペシャルの舞台は、日本最北端に位置する架空の島「天礼島」で、ロンドン旅行から帰国したはずの右京(水谷さん)が消息不明となり、亘(反町隆史さん)は右京を捜すため島へ行くことになる。そこで、不気味な連続殺人事件が発生する……というストーリー。

 船越さんは、事件の容疑者で、陸上自衛隊で特殊作戦群に所属していた元レンジャー隊員・岩田純を演じる。過酷な訓練で強靭(きょうじん)な肉体と精神力を磨き上げ、戦闘技術を体得した男。反町さん演じる亘との、スピード感あふれるアクションシーンもあるという。クランクアップの瞬間はスタッフ、キャストから大きな拍手が沸き起こり、水谷さんともがっちりハグを交わす場面もあった。

 「相棒」は、水谷さんが演じる警視庁の窓際部署「特命係」のキャリア警部・杉下右京がその天才的頭脳で推理し、相棒とともに難事件を解決するドラマ。反町さん演じる冠城亘はシーズン14で登場。寺脇康文さんが演じた初代・亀山薫、及川光博さんが演じた2代目・神戸尊、成宮寛貴さんが演じた3代目・甲斐享に続く4代目の相棒。

1/3ページ

最終更新:9/19(木) 5:00
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事