ここから本文です

三浦春馬主演「TWO WEEKS」最終回視聴率は関西で番組最高12・3% 関東は7・7%

9/18(水) 9:53配信

スポーツ報知

 17日に放送された俳優・三浦春馬(29)主演のフジテレビ系連続ドラマ「TWO WEEKS」(火曜・後9時)最終回の平均視聴率が関東地区で7・7%だったことが18日分かった。

 初回は8・4%でスタート。第2話は5・9%、第3話と第4話は6・4%、第5話と第6話は6・2%、第7話は6・1%、第8話は6・0%、第9話は6・7%。今回は1ポイントアップした。

 ドラマを制作する関西テレビで放送された関西地区は初回9・4%、第2話は10・2%、第3話は8・9%、第4話は10・1%、第5話は8・4%、第6話は10・0%、第7話は9・2%、第8話は9・7%、第10・5%と推移。最終回は番組最高の12・3%で有終の美を飾った。

 2013年に放送された同名の韓国ドラマをリメーク。何者かにはめられ、殺人の濡れ衣を着せられた男が、白血病の娘の命を救うために2週間の逃亡劇に挑むタイムリミットサスペンスだ。(数字はビデオリサーチ調べ)

最終更新:9/19(木) 9:14
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事