ここから本文です

<死役所>TOKIO松岡昌宏主演ドラマに黒島結菜、清原翔、松本まりから出演

9/19(木) 7:00配信

まんたんウェブ

 人気グループ「TOKIO」の松岡昌宏さん主演で、10月スタートの連続ドラマ「死役所」(テレビ東京系、水曜深夜0時12分)に黒島結菜さん、放送中のNHK連続テレビ小説「なつぞら」に出演している清原翔さん、数々のドラマで怪演が話題の松本まりかさん、でんでんさんが出演することが9月19日、明らかになった

【写真特集】話題のマンガ「死役所」がドラマ化 実写と原作のキャラクターを比較

 ドラマはあずみきしさんの同名マンガ(新潮社)が原作。あの世の市役所ならぬ「シ役所」を舞台に、シ役所「総合案内」で働く職員・シ村(松岡さん)が、次から次へと現れる死者に「お客様は仏様です」と慇懃(いんぎん)無礼な態度で対応する姿を描くエンターテインメント作品。

 黒島さんは20歳の誕生日に急性アルコール中毒で亡くなった、天真らんまんな女子大生の三樹ミチル、清原さんは生活事故死課の職員ハヤシ、松本さんは生前は美容師だった自殺課の職員ニシ川、でんでんさんは他殺課の職員イシ間を演じる。

 「死役所」は10月16日から毎週水曜深夜0時12分放送。

 ◇黒島結菜さんのコメント

 原作を読んでみたらすごく面白くて! 話の芯にある「どうして死んでしまったのか」という理由や気持ちが感動的で、結果何回も泣いてしまいました……。出てくるシ役所職員の過去にいろいろあるのですが、私が演じるミチルは急性アルコール中毒で急に亡くなった人。でもキャラクターが明るくて、またその明るさが逆に悲しいと思うところもあったり。「死役所」の中で唯一の「一般視聴者目線」となるキャラクターだと思うので、常に視聴者の方々に近い存在でいたいなと思っています。

 松岡さんとは共演したことはないんですが「目力が強い」「熱い方」という印象があります。そんな松岡さんがあのシ村の張り付いた笑顔をどう演じられるのか楽しみです! ただの「重い物語」ではなく、ちょっと「夢を見ているような世界」というような部分も純粋に楽しんでいただければ。また原作ファンの方にも楽しんでもらえるように頑張りたいと思います。

1/3ページ

最終更新:9/19(木) 7:00
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事