ここから本文です

ロジクール「MXシリーズ」から 電磁石ホイール採用のMX MASTER 3登場

9/18(水) 23:00配信

アスキー

ロジクールは、フラッグシップモデルの「MXシリーズ」の2年ぶりの新製品として、「MX MASTER 3」と「MX KEYS」を発売する。

【もっと写真を見る】

 ロジクールは9月18日、「MXシリーズ」から、「MX MASTER 3 アドバンスド ワイヤレス マウス」と「MX KEYS アドバンスド ワイヤレス イルミネイテッド キーボード」を発売すると発表。9月27日より販売開始する。
 
 価格はオープンで、参考価格はMX MASTER 3が税抜1万3500円。カラーバリエーションは3色で、グラファイト、ミッドグレイ、ブラックの3色。MX KEYSは税抜1万4500円。MX KEYS用の「ロジクール MX パームレスト」も同日発売予定で、こちらは税抜2000円。
 
 MXシリーズは、2017年に発売した「MX MASTER 2S」「MX ANYWHERE 2S」以来、2年ぶりの新製品。MX MASTER 3はMX MASTER 2Sの直接的な後継機にあたる。18日に実施された製品説明会では、ロジクールの室井祟裕氏、Logitech Internationalのジョン・クリストフ・エメス氏が登壇し、新製品を紹介した。
 
 最初に室井氏が登壇し、MXシリーズ新製品のコンセプトを発表。英語では「Think it.Master it.」、日本語では「その指の先、創造が想像を刺激する」というコンセプトで、イメージしたことを直感的に、ダイレクトに操作に反映できるデバイスを目指した製品となっている。
 
 その後、エメス氏が登壇し、具体的な製品のポイントを紹介した。MXシリーズのユーザー層は、ソフト開発者やクリエイター、アナリストなど、高度なコンピュータースキル、専門的なアプリの知識を持ったエキスパートに当たる人々であるいい、今回の新製品では、そうした人々のニーズに応える製品を目指したという。
 
 具体的には、「長時間快適に作業を行える」「ワークフローをシンプルに、効率的に行える」「スピーディーかつ正確にスクロールする」といったニーズを意識しているとのこと。
 
MX MASTER 3は電磁石を利用した新技術のスクロールホイールを搭載
 MX MASTER 3の最も大きなポイントは、スクロールホイールを電磁石を使用した新技術の「MagSpeed 電磁気スクロールホイール」に変更している点。
 
 この電磁石ホイールでは、電気インパルスによって内部の電磁石の極性を変えることで、精密なホイール操作ができる「ラチェットモード」と、高速なホイール回転が可能な「フリースピンモード」をモード切替ボタンで切り替えられる。
 
 ラチェットモードは、ホイールの軸部分にある電磁石とその外側の歯車が接近した際に、その間で磁力によって引き付けあう力が発生するため、ホイール回転時にカチカチと抵抗が生まれる。これにより、余計な回転を抑え、精密な操作ができるようになる。
 
 フリースピンモードでは、電気インパルスを切り替えて軸部分の極性を変化させ、外側の歯車との間に磁力が発生しないようにすることで、抵抗をなくし、スムーズで高速な回転を可能にしている。これによる高速スクロールにより、秒間1000行のスクロールが可能としている。
 
 ホイール素材をスチールにすることで重くし、慣性によって回転の勢いを持続させる変更も加えられており、プログラマーがコーデイングする際など、大量の文字列を一気にスクロールする際などに有用な機能となっている。
 
 高速スクロール自体は従来品のMX MASTER 2Sにもあったが、メカニカルホイールを用いていたMX MASTER 2Sでは、スクロール時の音が大きかった。電磁石を用いたMX MASTER 3では部品の接触がないため、音が発生せず、静音性が上がっている。
 
 また、スクロールのカウントを、MX MASTER 2Sでは1ターン当たり192カウントだったのに対し、MX MASTER 3では1ターン360カウント、つまり1度につき1カウントにすることで、精密度を向上している。
 
 そのほか、前世代からの変更点としては、WebブラウザーやMicrosoft Office、Adobe製品などでよく利用される9つのアプリケーション向けに、それぞれ適したボタンレイアウトが初めからプリセットされている点などがあげられる。
 
 例えば、ブラウザーでは「戻る」に設定されているボタンが、Officeのアプリケーションなどでは「取り消す」ボタンになったり、親指部分の水平ホイールが、Photoshopではブラシサイズの変更に、Excelでは横スクロールになっていたりという具合だ。
 
 もちろん、「Logicool Options」を使ってユーザーの自由にボタン機能をカスタマイズすることもできるのだが、こうした手間がいらずに、ある程度各種アプリケーションが使いやすいよう設定されているのが便利なところだ。
 
 また充電ケーブルの接続端子がUSB Type-Cに変更されている。急速充電にも対応しており、1分の急速充電で3時間の利用が可能。2時間のフル充電では、週5日間、1日8時間の使用を想定した場合、約70日の使用が可能だという。
 
 形状については、前世代のMX MASTER 2Sのフォルムの評判が良かったこともあり、ユーザーの指が触れる部分についてはほとんど変更を加えていないという。ただし親指部分の配置については見直され、従来は水平ホイールの手前にあった戻る/進むボタンが、ホイールの下に移動。水平ホイールの大型化や、下部の親指ボタン/LEDライトの視認性を向上させている。
 
そのほか、主な仕様は以下の通り。
 
製品概要 MX MASTER 3
製品名
ロジクール MX MASTER アドバンスド ワイヤレス マウス
カラー
グラファイト/ミッドグレイ/ブラック
型番
MX2200sGR/MX2200sMG/SEB-MX2200sBK
本体サイズ
幅84.3×奥行き124.9×高さ51mm
重量(電池含む)
141g
レシーバーサイズ
Unifying レシーバー 幅14.4×奥行き18.4×高さ6.6mm
レシーバー重量
2g
センサー方式
Darkfield
解像度
200dpi~4000dpi、50dpi刻みで設定可能
ボタン数
7
操作距離
約10m
無線方式
アドバンス 2.4Ghz テクノロジー(Unifying対応)、Bluetooth
対応OS
USB:Windows 7以降 macOS 10.13以降 LinuxBluetooth:Windows 8以降 macOS 10.13以降 Linux
Logicool Flowで簡単にPCを切り替えながら作業できるMX KEYS
 同時に発売するMX KEYSは、上記のMX MASTER 3を同時に使うことを想定して開発されたワイヤレスキーボード。
 
 キー部分にバックライトを搭載しており、暗いところでも使いやすいようになっている。このバックライトについては、センサーによってキーボードに手を近づけると点灯、手を離すと消灯し、また明るいところでは光を弱く、暗いところでは光を強くするようになっている。
 
 これにより、必要な時には効果的にバックライトを使用しつつ、バッテリーを長持ちさせるように設計されている。バッテリーについては、4時間のフル充電で週5日間、1日8時間の使用を想定した場合、バックライトをオンにした状態で10日間、オフにした状態で5ヵ月間バッテリーが持つとのこと。
 
 厚さ20mmほどの薄型キーボードではあるが、メタルプレートを採用しているため強度は高い。キー構造はパンタグラフで、キーピッチは19mm、キーストロークは1.8mm。キーの中央部が丸くくぼんだ形状で、指先にフィットする形になっている。キー配置は113キーの日本語レイアウト。
 
製品概要 MX KEYS
製品名
ロジクール MX KEYS アドバンスド ワイヤレス イルミネイテッド キーボード
型番
KX800
本体サイズ
幅430.2×奥行き20.5×高さ131.63mm
重量(電池含む)
810g
レシーバーサイズ
幅14.4×奥行き18.4×高さ6.6mm
レシーバー重量
2g
キーレイアウト
113キー日本語レイアウト
キー構造
パンタグラフ
キーピッチ
19.0mm
キーストローク
1.8mm
押下圧
60±20g
操作距離
約10m
無線方式
アドバンス 2.4Ghz テクノロジー(Unifying対応)、Bluetooth
対応OS
USB:Windows 7以降 、macOS 10.11以降、Linux、Android 6以降Bluetooth:Windows 8以降 macOS 10.12以降 Linux
 なお、MX MASTER 3とMX KEYSは、ロジクールデバイスを最大3台までのPCに同時に接続できる「Logicool Flow」にも対応している。これにより、マウスではカーソルを画面端に持っていくだけでシームレスに別のPCのデスクトップに移動したり、別PC間でファイルのドラッグ&ドロップなどが可能。
 
 MX KEYSでは、右上にあるPCの切り替えボタンで瞬時に操作するPCを切り替えられる。Logicool Flowは、Windowsとmac OSなど、異なるOS間でも利用できる。
 
 
 ちなみに、MX KEYSは、9月30日にリリース予定のiPadOS 13にも対応しているとのこと。MX MASTER 3は現在正式には表明していないが、テストではこちらもiPadOS 13で動くことを確認しているという。
 
YouTuber長内孝平氏が登壇 「直感的な操作においては究極」
 説明会の最後には、Yousefulの代表取締役で、Excel仕事術などを紹介するYouTuberとしても活躍している長内孝平氏が登壇し、室井氏とのトークセッションも実施。
 
 長内氏は、ExcelやAdobeの動画編集ソフトにおいて、MX MASTER 3のホイールで表や動画を快適にスクロールできる点や、MX KEYSのバックライトが暗所での撮影時に視認しやすい点、Logicool Flowで複数のPCをまとめて操作できる点などがYouTuber活動でも役立っていることを紹介。
 
 MXシリーズの今後において改善してほしい点などを聞かれた際には、「直感的な操作においてはこれ以上の改善の余地があるのかわからない、これが究極なんじゃないかと思っている」ともコメントした。
 
 
文● 高橋佑司

最終更新:9/28(土) 0:54
アスキー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事