ここから本文です

コンピュータ同士がだまし合う 「ターミネーター2」に隠された認証シーン

9/18(水) 12:05配信

ITmedia NEWS

この記事は認証セキュリティ情報サイト「せぐなべ」に掲載された「架空世界 認証セキュリティセミナー 第22回『コンピューターvs.人間 と認証【ターミネーター2】」(2018年5月24日掲載)を、ITmedia NEWS編集部で一部編集し、転載したものです。当時未発売だった製品やサービスの記述などは、本記事掲載時の状況に合わせて編集しています。

ターミネーター2の認証(画像)

SF映画の金字塔で認証について学ぶ

 ……それでは講義を始める。

 前回は「プリンセスコネクト!」とその続編「プリンセスコネクト!Re:Dive」を題材に、近未来のウェアラブル端末の脳波認証についてお送りした。いかがだっただろうか。一見柔らかそうなネタに対して、ゴリゴリのハードな最新技術の話をするというのも面白かったのではないかと思う。

 今回はいつもの古典的な認証の話だ。題材は「ターミネーター2」。結構古いSF映画だが、どんな認証シーンが隠されているだろうか。早速見ていこう。

「地獄で会おうぜ、ベイビー」

 では基本データから紹介しよう。

 前作「ターミネーター」のヒットを受け、ジェームズ・キャメロンが監督し、1991年にロードショー公開された。同年のアカデミー賞で視覚効果賞、メイクアップ賞、音響効果賞、録音賞を受賞しており、その後監督を代えて続編やテレビシリーズも制作されている。

 あらすじを紹介しよう。

 舞台は1994~95年のロサンゼルス。10年前のサラ・コナーとロボット「ターミネーター」との死闘を知るものはなく、このままだと1997年8月29日に、30億人の人命が失われる「スカイネット」と人類との核戦争「審判の日」が勃発してしまう。

 それを阻止したいサラは、スカイネットを開発するサイバーダイン社の爆破を試みるも未遂に終わり、精神病患者として警察病院へ収監された。一方、カイル・リースとの間に生まれた息子のジョン・コナーは養父母の下に引き取られた。

 「審判の日」に備えるサラによる偏った教育を受けたジョンは、子供ながらにハッキングや武器の知識に精通していた。しかし、母の言動については与太話と断じ、非行に走る日々を送っていた。

 ある日、時空を超えて再び2体のターミネーターが送り込まれる。1体は10年前と同モデルのT-800・モデル101型(演:アーノルド・シュワルツネッガー)、もう一体は変形自在の液体金属で構成された最新モデルT-1000型。2体はそれぞれ共通の目標であるジョンを捜索し、ほぼ同時に発見する。襲いかかるT-1000からジョンを救ったのは、かつてサラを襲ったT-800だった……。

1/3ページ

最終更新:9/18(水) 12:05
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事