ここから本文です

西九条駅の構内を改良、USJで賑わう桜島線の混雑を緩和 2020年を目途に

9/18(水) 21:30配信

レスポンス

JR西日本は9月18日、「JRゆめ咲線」こと桜島線(西九条~桜島)の輸送力強化と混雑緩和に取り組むことを明らかにした。

[関連写真]

ハリウッド映画のテーマパークである「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ)や、隣接する複合商業施設「ユニバーサル・シティウォーク大阪」を控える同線は、最寄りのユニバーサルシティ駅(大阪市此花区)を中心に利用者が増加しており、朝の通勤時間帯での混雑が顕著になっている。

そのため、JR西日本は6月に大阪環状線と桜島線の全列車を新鋭の323系電車に置き換え、ピーク時に毎時最大12本(現在は毎時最大8本)の運転を可能としたが、2020年にはユニバーサル・スタジオ・ジャパンに新アトラクションが完成し、桜島線でさらなる利用者の増加が見込まれることから、大阪環状線と接続する起点の西九条駅(大阪市此花区)構内を改良する運びとなった。

現在の西九条駅は、旅客線部分の構内が2面3線となっており、3番線には大阪環状線外回り、4番線には桜島線(大阪環状線からの直通列車を含む)と新大阪方面からの特急、5番線には大阪環状線内回りが発着している。

このうち桜島線と特急が共用している4番線を、2020年を目途に大阪方に梅田貨物線から3・4番線と交差して5番線へ抜ける渡り線を新設することで桜島線専用とし、5番線に特急が発着するように改める。

また、2020年5月を目途にユニバーサルシティ駅で改良が施され、自動改札機やパーク側へ抜ける出入口の増設、有人改札や券売機の移設を行ない、コンコースの混雑解消を図るとしている。


《レスポンス 佐藤正樹(キハユニ工房)》

最終更新:9/18(水) 21:30
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事