ここから本文です

ジュリアン・ムーア、渡辺謙、加瀬亮がテロリストの人質に「ベル・カント」予告公開

9/18(水) 12:00配信

映画ナタリー

ジュリアン・ムーア、渡辺謙、加瀬亮が共演する「ベル・カント とらわれのアリア」の予告編が、YouTubeにて公開された。

【動画】映画『ベル・カント とらわれのアリア』予告編90秒ver.|11月15日(金) 公開(メディアギャラリー他12件)

本作は、1996年の在ペルー日本大使公邸占拠事件にインスパイアされたアン・パチェットの小説を原作とする人間ドラマ。世界的なオペラ歌手のコンサートが開催されるはずだった南米某国の副大統領邸が、テロリストにより占拠されることから物語は展開する。ムーアがオペラ歌手のロクサーヌ・コス、渡辺が独自の美学を貫く実業家・ホソカワ、加瀬が通訳のゲンを演じ、セバスチャン・コッホやクリストファー・ランバートも出演した。

このたび公開された予告編は、ロクサーヌと彼女の大ファンであるホソカワが、副大統領邸で出会うシーンからスタート。しかしロクサーヌが歌い出した瞬間、突然銃声が鳴り響き、テロリストがなだれ込んでくる。政府、交渉人、テロリスト、人質のさまざまな思惑が錯綜する中、ロクサーヌの歌をきっかけに空気が変化していく。なおロクサーヌの歌声は、「シェイプ・オブ・ウォーター」の挿入歌「ユール・ネヴァー・ノウ」で知られるオペラ歌手ルネ・フレミングが吹替を行っている。

監督のポール・ワイツは本作について「映画の最初の部分では、キャラクターたちは敵対している。でも彼らの違いは、経験や恋愛、音楽や死すべき運命を共有し合うことで徐々になくなっていく。彼らは互いに絆を結んでいく。これこそが、まさにオペラ的なテーマだ」と語り、「最近の出来事を見ると、この物語は小説が初めて出版された頃より、ずっと現実的なものになっている」とコメントした。

「ベル・カント とらわれのアリア」は、11月15日より東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国でロードショー。



(c)2017 BC Pictures LLC All rights reserved.

最終更新:9/18(水) 12:00
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事