ここから本文です

【WWE】コフィVSレスナー 10・4WWE王座戦が電撃決定

9/18(水) 16:45配信

東スポWeb

【ジョージア州アトランタ17日(日本時間18日)発】WWEのスマックダウン大会が開催され、10月4日大会で王者コフィ・キングストン(38)と“ビースト”ブロック・レスナー(42)のWWE王座戦が行われることが電撃決定した。

 オープニングにニュー・デイ(エグザビアー・ウッズ&ビッグE)のメンバーと登場したコフィは、ランディ・オートン&ザ・リバイバル(スコット・ドーソン&ダッシュ・ワイルダー)と6人タッグ戦で激突。両軍の意地がぶつかり合う激しい攻防が展開された。

 コフィが因縁のオートンにSOS(変型大外刈り)を決めれば、オートンはDDTからリバイバルと連係したスーパーRKOを狙う。しかし、ビッグEがオートンの脚を引っ張って何とか回避するや、コフィがトラブル・イン・パラダイス(頭部への回転ハイック)をドーソンに決めて3カウントを奪取した。

 試合後は突如、レスナーとその代理人のポール・ヘイマン(54)が登場。ヘイマンが「レスナーはFOX(スポーツ)での放送が始まる10月4日のSDで、WWE王座に挑戦する」と表明するや、王者のコフィは「俺は戦う王者になるとファンに約束した。だからその挑戦を受ける」と受諾した。するとこの決定を喜んだレスナーは握手を求めるふりをして近づき、コフィに豪快なF5を発射。さらには倒れ込んだコフィにWWEベルトを投げつけてリングを後にした。

最終更新:9/18(水) 16:49
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事