ここから本文です

【東レ・パンパシ】大坂苦しみながら準々決勝進出 ファンは“なおみ節”に大喜び

9/18(水) 20:03配信

東スポWeb

 女子テニスの国際大会「東レ・パンパシフィック・オープン」(大阪・ITC靱テニスセンター)のシングルス2回戦が18日に行われ、世界ランキング4位で第1シードの大坂なおみ(21=日清食品)が同181位のビクトリア・トモバ(24=ブルガリア)と対戦し、7―5、6―3で勝利。格下相手にやや苦戦したものの、準々決勝(20日)に駒を進めた。

 今大会は初の大阪開催。生家から程近い同会場は3歳のころに父・フランソワさんと練習を行ってきた思い出の地だ。センターコートに“世界のナオミ”が登場すると、観客から拍手と歓声。試合は大坂のサーブからスタートした。

 第1セットは波乱の船出となる。ファーストゲームをブレークされると、第3ゲームも強打を巧みに返されてミスも目立ち、0―3と劣勢に立たされた。だが、ここから反撃開始。第4、8ゲームをブレークして4―4に持ち込むと、第9ゲームではサービスエースを連発。流れに乗った大坂は6―5で迎えた第10ゲームをブレークして、何とか最初のセットを奪った。

 ペースをつかんだ大坂は第2セットの第1ゲームをブレークされたものの、またも立て直して第4ゲームでブレークバック。ストロークも冴えはじめ、第8ゲームをブレークすると、迎えたサービングフォーザセット(サービスゲームをキープすればセットを奪える状況)の第9ゲームを奪って白星を飾った。

 大会前、大坂は約半年間コーチを務めたジャーメーン・ジェンキンス氏(34)との契約解消を発表。また、ツイッターでその前日にはインスタグラムで米国の人気ラッパー、YBNコルダエ(21)との新しい恋を明かすなどコート外で話題を振りまいたが、試合ではきっちり元女王の意地を見せた。

 試合後、集まった地元ファンに笑顔で手を振った大坂は「いつもありがとうございます。見に来てありがとうございます」と日本語であいさつ。また、かねて楽しみにしていた大阪グルメについて問われると「(たこ焼きは)おいしかった。お好み焼きはまだ食べてない」と答えた。久しぶりの“なおみ節”に地元ファンは大喜びだった。

最終更新:9/18(水) 20:11
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事