ここから本文です

「ZOZOチャンピオンシップ」ヤフー子会社化でも大会名称&6年契約に変更なし

9/18(水) 20:03配信

東スポWeb

 10月24~27日に千葉・アコーディア習志野CCで開催される米ツアー「ZOZOチャンピオンシップ」の概要発表会見が18日に同CCで行われ、小平智(30=Admiral)と香妻陣一朗(25)が主催者推薦で出場することが発表された。

 大会はキングとクイーン両コースの36ホールから18ホールを選び、7041ヤードのパー70と米ツアーにしては短い設定で行われる。

 それでも同ツアーのトラビス・スタイナー氏は「出場する全員にフェアになるようなセッティングにする。選手にとっては難易度が高く、世界トップのスキルを出させることになる」と自信を見せた。

 すでにタイガー・ウッズ(43=米国)やローリー・マキロイ(30=英国)、松山英樹(27=LEXUS)といったトップ選手たちが出場を表明していることもあって、約8万枚の前売り券は完売。当日券の販売は行われない予定だ。

 ZOZOは12日にヤフーの子会社化されることが発表されたが、大会名称や開催の6年契約も変更がないことも発表された。

最終更新:9/18(水) 20:10
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事