ここから本文です

【オールカマー】ウインブライト“静”の調教で派手さなくても上々の態勢「八か八・五分くらいにきている」

9/18(水) 21:24配信

東スポWeb

【オールカマー(日曜=22日、中山芝外2200メートル=1着馬に天皇賞・秋優先出走権)注目馬18日最終追い切り:美浦】ウインブライトは主戦・松岡を背に南ウッドで5ハロンから併せ馬。折り合いを意識しつつマイネルセリオン(3歳1勝クラス)の3馬身後方から進み、4角で内に潜ると馬なりで併入。派手なアクションはなく“静”の調教を貫いた。鞍上は以下のように稽古の意図を説明した。

 松岡騎手「先週に併せ馬でしっかりやった。今週もやると良くなり過ぎちゃう。香港カップまで段階を踏んで状態を上げていきたいから」

 一方で畠山調教師は「八か八・五分くらいにきている」と上々の態勢を約束する。

 通算5勝の中山巧者ながら外回りの2200メートルは初めて。加えて過去の休み明けは〈1・0・0・2〉と死角はあるが、鞍上は期待を口にした。

 松岡騎手「適性としてこの距離は長いが、超越しそうな気もする。馬のレベルも上がって、過去の休み明けとは比べものにならない状態。イメージを払拭できるように頑張りたい」

最終更新:9/18(水) 21:29
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事