ここから本文です

【新馬勝ち2歳総点検・阪神】コントレイル 重賞でも中心的な存在

9/18(水) 21:43配信

東スポWeb

【新馬勝ち2歳総点検・阪神】

★日曜(15日)芝外1800メートル=コントレイルが単勝1・7倍の圧倒的人気に応えて快勝。

 行きたがるそぶりを見せたのも許容範囲で、ゴーサインへの反応も非常にスムーズ。目一杯追われていない中での楽勝だけに相当奥がありそう。

 重賞戦線でも注目を集める存在になりそうだ。


★日曜(15日)ダート1800メートル=初陣を飾ったレーヌブランシュは、クロフネ産駒らしく息の長い末脚を駆使するタイプ。

 主戦場となるであろうダートの中・長距離路線なら出世が見込める。

★土曜(14日)芝内1400メートル=ピュアカラーがロスのない立ち回りで抜け出した。

 エンジンがかかるまでやや時間を要したものの、抜け出す時の瞬発力はなかなか。

 まだ小柄で非力な部分も残すが、今後の成長次第では重賞でも通用する可能性を秘めている。

★月曜(16日)芝内1200メートル=制したのはクリノアンカーマン。出遅れて後方からの競馬になったものの、手綱を取った幸が「4コーナーの手応えが十分。勝てると思いました」と振り返るほどの完勝劇を演じた。

 大跳びでエンジンのかかりは遅いが、一度ギアが入ってからの伸びは豪快。距離さえこなせればクラシック路線での活躍も見えてくる。

★月曜(16日)芝外1600メートル(牝馬限定)=単勝1・4倍の支持を集めたライティアがV。序盤は後方でじっくり脚をためると、直線で鞍上のゴーサインに応えて見事に差し切った。

 418キロの小柄な体でもう少し成長が欲しいが、潜在能力はかなりのもの。

 順当に力をつけていけば、クラシック路線をにぎわす存在になりそうだ。

最終更新:9/18(水) 21:46
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事