ここから本文です

アイドルグループ「天使突抜ニ読ミ」、メンバーが強制わいせつ致傷被害 「非常に遺憾」「断固として戦う所存です」

9/18(水) 17:55配信

ねとらぼ

 アイドルグループ「天使突抜ニ読ミ」が公式Twitterで9月17日、メンバーの松岡笑南さんがファンの男からわいせつ致傷の被害に遭っていたことを報告。強制わいせつ致傷などの疑いで逮捕された無職・佐藤響容疑者の名前を出した上で、「あってはならない行為」「断固として戦う所存です」と強い言葉を交えて伝えています。

 各社報道によると、事件があったのは9月1日のこと。佐藤容疑者は松岡さんを自宅マンションで待ち伏せして体を触るなどし、顔に軽傷を負わせたとのことです。

 当初、松岡さんの名前は公表されていませんでしたが、「天使突抜ニ読ミ」の公式Twitterは17日、「先日より休養しておりました、松岡笑南に関しまして、ニュースでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、致傷事件の被害者となっておりました」と報告。「松岡自身はアイドルの命といってもいい顔にも傷を負わされ、精神的にもかなり厳しい状態にありますが、毎日のように連絡を取っており、徐々に回復へ向かっている最中です」と松岡さんの状態を明かしています。

 公表に至ったいきさつとして、「再犯防止や他のアイドルカツドウをしている方々への注意喚起をし、業界全体を守ろう」との思いがあったとし、公表した際のリスクや公表しない場合のリスクなどを松岡さんの親に伝えた上で公表に踏み切ったと説明しています。また、今後グループが活動休止することはなく、特典会レギュレーションを変更したり防犯対策をしっかりしてライブ出演などを続けていくとのこと。

 「天使突抜ニ読ミ」公式の発表に、ファンからは「傷つけられた松岡さんの回復をお祈り致します」と松岡さんを見舞う言葉や、「どうか彼女達の心身ともにサポートをお願いします」「メンバーが安心できる環境をファンと共に作っていきましょう」とメンバーを気遣う声が寄せられています。

ねとらぼ

最終更新:9/18(水) 17:55
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事