ここから本文です

楽天Koboに見開き対応の新しい電子書籍リーダー 端末色に初めて「ホワイト」のカラバリも

9/18(水) 18:14配信

ねとらぼ

 楽天Koboは、高解像度ディスプレイを搭載した新型電子書籍リーダー「Kobo Libra H2O」の国内販売を開始しました。製品価格は2万2800円。

【画像】白と黒の全2色

 「Kobo Libra H2O(コボ リブラ エイチツーオー)」は、重さ約192gの軽量端末でありながら、約8GBの内蔵メモリと7インチの300ppi高解像度ディスプレイを搭載したモデル。

 Carta E Ink HD タッチスクリーンを搭載しているため、目に優しく長時間の読書にも最適です。また、フロントライト技術「ComfortLight PRO」を採用し、昼間の読書に適した明るい白色から、夜間の読書に適したオレンジ色の電球色まで、一日を通して最適な色合いに調整可能です。

 さらに、防水機能を備えているため、入浴中やプールサイド、キッチンなどでも利用できます。

 操作面でも、片手で操作できる「ページめくりボタン」や、読み返し・読み飛ばしができる「高速ページめくり」機能などにより、様々な読書スタイルに合わせた操作性が確保されています。

 端末を縦向きや横向きに回転した際は、自動的に表示方向も変わります。横向きの場合には1画面に2ページを同時に表示できるため、漫画の見開きページでは臨場感ある読み応えに。小説などテキスト形式のリフロー型電子書籍は、横向きにしても2ページ表示はされません。

 端末のカラーはブラックとホワイトの全2色。ホワイトは、現行ラインアップでは唯一の端末になります。専用スリープカバーは、グレー・ブラック・アクア(ブルー)・ローズの全4色展開で、本体と組み合わせることで8通りのカラーバリエーションを楽しむことができます。専用スリープカバーは4580円。

【18時35分追記:当初、ホワイトはKobo端末として初採用であると記載していましたが、楽天に確認したところ、「現行ラインアップでは唯一」の誤りでした。訂正してお詫びいたします】

 「Kobo Libra H2O」は「楽天Kobo電子書籍ストア」をはじめ、「ビックカメラ」店頭や通販ページ、「ソフマップ・ドットコム」、「コジマ」、「Joshin webショップ」の通販ページで購入可能です。

※価格は全て税別

ねとらぼ

最終更新:9/18(水) 18:40
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事