ここから本文です

阪神 近本の活躍で逆転勝利呼び込む ミスターに並ぶ153安打

9/18(水) 21:52配信

デイリースポーツ

 「阪神3-2ヤクルト」(18日、甲子園球場)

 阪神が逆転勝ちで連勝を決めた。近本光司外野手が3安打の活躍で、逆転劇を呼び込んだ。近本は長嶋茂雄(巨人)が1958年に記録したセ・リーグ新人記録の153安打に並んだ。チームは試合が中止となった3位広島にジワリと迫り、3ゲーム差とした。

【写真】引退会見を終えたメッセ ベネッサ夫人と愛あふれるシーン

 1点ビハインドで迎えた七回、先頭の近本から逆転劇は始まった。ヤクルト2番手・ハフの内角直球を中前打。この日2本目の安打で出塁すると、1死からリーグ単独トップ34盗塁の二盗を決めて好機を拡大。2死一、三塁からは高山が中前へ同点適時打。さらに大山が勝ち越し打を放った。15日巨人戦以来のスタメン起用となった大山は四回に先制の中前打を放つなど、こちらも猛打賞を記録した。

 近本は八回には内野安打で3安打目を決めて、新人のシーズン安打タイ記録に到達した。猛打賞は今季13度目。

 先発の青柳は逆転を許し六回途中4安打2失点降板。7四死球を与えるなど制球に苦しんだ。しかし、中継ぎ陣が踏ん張り、ヤクルトの反撃を断ち切った。3番手の岩崎が3勝目。藤川が13セーブ目をマークした。

最終更新:9/18(水) 22:06
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事