ここから本文です

歌ネタ王に、ラニーノーズ「うれし過ぎ!」 令和初のチャンピオン

9/18(水) 21:53配信

デイリースポーツ

 「歌ネタ王決定戦2019」が18日、大阪市内で行われ、「ラニーノーズ」が優勝した。賞金は300万円。発表の瞬間、「うれしい!うれし過ぎ!」「めちゃくちゃうれしいです」と喜びを爆発させた。

 最終ステージにはラニーノーズ、友近・ゆりやん、きつねのトップ3が進出。洲崎貴郁(31)と金髪の山田健人(30)のコンビ・ラニーノーズが、「だるまさんが転んだ」をいじったネタで481点をマークし、2組を振り切った。山田は「やった!うれしい!」と感激。16年のファイナリストだけに、洲崎は「3年前に悔しい思いをしまして」とリベンジを喜んだ。

 第7回を迎えた今回は1194組がエントリー。この日の決勝はラニーノーズ、天才ピアニスト、きつね、お見送り芸人しんいち、新作のハーモニカ、昨年覇者のメンバー、友近・ゆりやんレトリィバァ、ナイツの8組に、敗者復活で勝ち上がった令和喜多みな実を加えた9組で争われた。

 なお、大会の歴代優勝者は2013年・すち子&真也、14年・手賀沼ジュン、15年・中山功太、COWCOW、16年・かまいたち、17年・藤崎マーケット、18年・メンバー。

最終更新:9/18(水) 22:53
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事