ここから本文です

巨人原監督「本人の中で悔いが残るよね」田口痛恨被弾で逆転負け

9/18(水) 22:30配信

デイリースポーツ

 「中日3-1巨人」(18日、ナゴヤドーム)

 巨人はベンチスタートとなった坂本勇を欠いた打線が中日投手陣から1点しか奪えず、逆転負け。優勝マジック4を減らすことはできなかった。

 2連敗中のルーキー梅津に対し、3度目の対戦でもなかなか得点を奪えなかった。初回から走者を出しながらあと1本が出ない。六回までノーヒットノーランを続けていた高橋が七回福田、ビシエドに連打を浴び無死一、二塁。送りバントを決められ1死二、三塁で大竹に交代。ベンチは同点止まりまでの狙いどおりベテラン右腕は遊ゴロに抑えたが、3番手の田口が右越え2ランを浴び逆転を許した。

 原監督は「なんとか一人一殺というかね。大竹はうまい具合にね、内野ゴロを打たせてくれてね。田口はこのところ非常によかったんだけど、なんていうか本人の中で悔いが残るよね」。2死二塁。やや甘く入った直球を右翼席へ運ばれる決勝弾を浴びた左腕の失投を、残念そうに振り返った。

最終更新:9/18(水) 22:54
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事