ここから本文です

南キャン・しずちゃんが筋肉ミュージカルPR「お客さんのキューピットに」

9/18(水) 19:21配信

スポーツ報知

 スポーツミュージカル「energy~笑う筋肉~vol.2」(11月1~10日、クールジャパンパーク大阪TTホール)の製作会見が18日、同ホールで開かれた。

 アスリートが表現者になるノンバーバル(セリフなし)のミュージカル。今春、同ホールで15公演が開催され、文化庁芸術祭参加公演として再び上演される運びとなった。

 会見にはスペシャルサポーターを担当するフィギュアスケートの織田信成さん(32)と南海キャンディーズ・しずちゃん(40)も出席。相方の山里亮太(42)と女優・蒼井優(34)の電撃婚の橋渡し役となったしずちゃんは、ステージに登場する際、「芸人だけでなく女優、ボクシングと様々な挑戦を続ける“恋のキューピット”」と紹介され、「キューピットって経歴に入るんや」とツッコミながらも「『energy』に出ている方々や、観に来ていただいたお客さんのキューピットにもなりたい」と意気込んだ。

 会見ではパフォーマー9人がステージに上がり、ハイレベルな技を披露。体を叩いて音を出す「ボディスラップ」に、しずちゃんは「なにわ名物パチパチパンチを思わせますね」と感想を述べると、作・演出・振付担当の中村龍史さんから、吉本新喜劇のギャグメーカー・島木譲二さん(2016年死去)の十八番からヒントを得たことが明かされ、驚いていた。

 今作には、全日本プロレスの三冠ヘビー級王者・宮原健斗選手(30)も出演する。

最終更新:9/18(水) 19:22
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事