ここから本文です

ヤクルト2年ぶり最下位確定 1点差負けに小川監督「攻撃に転じられなかった」

9/18(水) 23:54配信

デイリースポーツ

 「阪神3-2ヤクルト」(18日、甲子園球場)

 ヤクルトが競り負け、3連勝はならず。中日が勝利したため、2年ぶりの最下位が確定した。

 1点を追う六回に、ドラフト8位・吉田の右前適時打で同点。さらに奥村の適時二塁打で勝ち越した。

 しかし、1点リードの七回に、2番手のハフが高山、大山に連続適時打を浴びて再逆転を許す展開に。九回には無死一、三塁の好機をつかんだが、山田哲の盗塁死もあって得点を挙げられず、逃げ切られた。

 「ああいうところ(九回の)でとれなかった。負けるべくして負けた」と小川監督。六回の攻撃では、勝ち越した後の1死満塁で好投のブキャナンを打席に送り、追加点を奪えず。「あそこで代打を送れなかった。代え時というか、攻撃に転じられなかった」と、自らの采配も敗因に挙げていた。

最終更新:9/19(木) 0:23
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事