ここから本文です

【卓球通信】Tリーグ2季目の大学生・森田彩音が躍進

9/21(土) 11:03配信

スポーツ報知

 Tリーグは12日から中断期間に入った。2季目の序盤戦、女子で目立ったのは大学生の奮闘だ。名古屋の森田彩音は単複11試合に出場し、昨季MVPの日本生命・早田ひなを破るなど6勝5敗。所属する中大の矢島淑雄監督は「(日本生命)村上監督に『こんなに台上が上手で強い選手が大学生にもいたんだ』という言葉をもらった」と明かした。

 女子で早くから国際舞台で活躍する選手は大学に進まず、プロとして活動する選手が多い。矢島監督は現状を「大学生では海外遠征に行く費用を捻出すること自体が難しい。小さい箱の中で何とか頑張るしかなかった」と語る。そうした中でTリーグが発足し、国内外のトップ選手と戦えるチャンスが広がった。中大からは大学別最多の3人が参戦。「頑張ってやり続けてきたから声がかかったと思う。最初で最後のチャンスのつもりで戦ってほしい」と願っていた。(林 直史)

最終更新:9/21(土) 11:03
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事