ここから本文です

【ソフトバンク】痛恨3連敗で首位・西武と2ゲーム差…工藤監督「みんな一生懸命やっての結果」

9/18(水) 22:19配信

スポーツ報知

◆ソフトバンク2―6楽天(18日・福岡ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが今シーズン最後の本拠地での4連戦の初戦を落とし、痛恨の3連敗を喫した。首位の西武に2ゲーム差に広げられた。

 先発の高橋礼投手(23)は4四球と制球を乱すなど粘り切れず、5回1/3を6安打5失点で5敗目(11勝)。打線は初回1死満塁でジュリスベル・グラシアル内野手(33)が中堅右へ適時打を放ったが、その後は沈黙した。

 工藤公康監督(56)は「みんな一生懸命やっての結果。受け止めて、日々切り替えて、(ヤフオク)ドームであと3つ、いい試合ができるように頑張ります」と気丈に振る舞った。

最終更新:9/18(水) 22:35
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事