ここから本文です

ユーミンが2019年版“ネオ・シティ・ポップ”発表、背景にSuchmosやサカナクションの存在「彼らは頼もしい」

9/18(水) 8:00配信

オリコン

 デビュー47周年に突入した松任谷由実が、ニューシングル「深海の街」を配信リリースをした。この曲はテレビ東京系の報道番組『WBS(ワールドビジネスサテライト)』のエンディングテーマとして書き下ろされた、ユーミン による2019年版の“ネオ・シティ・ポップ”とも言えるナンバーだ。配信の同日には荒井由実及び松任谷由実の全曲ハイレゾ配信がスタート。さらに11月6日には最新全国アリーナツアーの模様を収めたDVD/Blu-rayもリリースされる。新たなモードに入ったユーミンに話を聞いた。

【動画】摩訶不思議な世界観…松任谷由実「深海の街」MV

■絶対に新鮮な曲が生まれるという確信があった

 松任谷由実の新曲「深海の街」は、『WBS』のエンディングテーマとして書き下ろされた楽曲だが、その誕生には、冴え渡るユーミンの第六感を感じさせる不思議なエピソードがあった。

「ずっと好きな番組だったので、本当に偶然、オファーをいただく少し前のタイミングに、『WBSのテーマだったらこんな曲かな?』と、勝手にメロディの原型を頭の中で鳴らしていたんです(笑)。部屋に居ながら首都高をドライブしているような気分になれる、アーバンな曲を書こうと思いました。バーチャル・リアリティ的な近未来型の“脳内リゾート”ですね」

 そうした詞曲の着想と同時に、ユーミンは「今回はフュージョンを、AORをやろう」というプランを口にしていたという。

「ブラックコンテンポラリーのアレンジに乗せて日本語の歌詞を歌うというアプローチは、私にとっては、70年代後半から80年代初頭に通った道とも言えます。でも、いま改めてトライすれば、絶対に新鮮な曲が生まれるという確信がありました」

 フュージョン、AORの世界における彼女にとってのフェイバリットを聞くと、ボビー・コールドウェルとマイケル・フランクスの名前が挙がる。

「特に彼らには導いてもらいましたね。そもそもAORは、日本語との親和性が強い音楽なのだと思います。日本語の情緒感、コード進行の憂いの関係性、起承転結の設け方や、時にその裏をかくような展開も含めてね。先日、あらためてルパート・ホルムズを集中的に聴いて、自分なりに歌詞を訳してみたんですが、やっぱりストーリーテリングがしっかりとしていた。AORではないけれど、ポール・サイモンの曲にも同じ良さを感じます」

■シティ・ポップとコミックバンドは演奏が上手くなきゃ成立しない

「深海の街」の演奏には、鳥山雄司、高水健司、渡嘉敷祐一、浜口茂外也、そして松任谷正隆といったベテラン勢が揃った。ユーミン一流のストーリーテリングが、巧みなプレイでシャープに具現化されている。

「みんな、水を得た魚のように生き生きと楽器を弾いていますよね。ずっと聴いていられるような、不思議なグルーヴが生まれました」

 歌詞においてポイントと言える言葉が〈ストローク〉だ。

「作詞の時、たまたまテレビで(テニスの)大坂なおみさんの試合を観ていて、そういえばテニスにも水泳にも〈ストローク〉という言葉が用いられると気付きました。歌詞の中では、動きそのものよりも、それによって描かれる“弧”に重きを置いています」

 まさに2019年のユーミン による“ネオ・シティ・ポップ”とも言える一曲だが、今回の創作で刺激となったのが、近年、彼女と親交のある後輩アーティストたちの存在だった。

「以前からSuchmosを聴いて、『おっ、やるな!?』と思っていましたから(笑)。あと、サカナクションも。曲の良さはもちろんだけど、何よりああいう音楽を演奏するにはスキルフルじゃなきゃダメでしょう? その点でも彼らは頼もしい。昔からシティ・ポップとコミックバンドは演奏が上手くなきゃ成立しませんからね(笑)」

1/2ページ

最終更新:9/19(木) 18:55
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい