ここから本文です

小林麻耶、夫との記念日の過ごし方ど忘れ 報道陣にお願い「流さないでください!」

9/18(水) 10:44配信

オリコン

 フリーアナウンサーの小林麻耶が18日、都内で行われた海外ドラマ『フレンズ』25周年記念イベントに登壇した。7月に40歳の誕生日を迎えた小林は、当日どのように過ごしたか聞かれるも「どうやって過ごしたんだっけな…えーと忘れちゃった。待ってくださいね」と“ど忘れ”。「まずいな、(結婚して)初めての誕生日なのに」と頭を抱えた。夫と食事をしたことを関係者からフォローされると「夫と誕生日が近くて1週間違いなので、どっちの誕生日なにをしたのか。ここは夫に悪いので流さないでください!」と茶目っ気たっぷりにお願いしていた。

【動画】小林麻耶、夫との記念日の過ごし方ど忘れ 報道陣にお願い「流さないでください!」

 また、「特別に40代だし、レストランに行ったり、大きな誕生日会を開こうかという話もしてくれた」と夫に感謝を示しつつ「とにかく日常が自分のなかではすごくありがたいなと思っているので普通の生活をして1日を過ごしたいなと伝えました」と振り返った

 『フレンズ』は1994年~2004年にアメリカNBCで全10シーズン放送された人気海外ドラマ。今回、誕生25周年のアニバーサリー企画として劇中で登場人物が集まるカフェの“カウチ&テーブル”が来日し、東京・銀座のロフトフードラボにフォトロケーションとして展示される。

 「あの6人がここでおしゃべりしてカフェラテ飲んで楽しんでた場所ですよね」とカウチを前に興奮状態の小林は、日本で一番最初に座れるとあって「私でいいんでしょうか」と思わず声が弾む。司会から促されると意を決したように腰を下ろすと感激の笑みを浮かべて「高級感があります。柔らかい。いい硬さもあります。『フレンズ』の一員になった気分…」と夢見心地に。今は夫ともドラマを視聴しているそうで「感想を言い合うというよりここの部分で笑うんだとか涙を溜めるんだとか、こういうストーリーがすきなんだ、とかドラマを通して夫のことを知れる感じです」とうれしそうに明かした。

 自身の“永遠のフレンズ”については、30代になってからできた友人を挙げ、今は夫も含めて6人で集まるようになったそう。「30代のなかば、私は結婚したい病にかかっていたことがございまして迷走していた。そのときもずっと支えてくれていたお友達です。ラジオ番組で出会ってそこから家に集まるようになりました。結婚すると夫を入れて集まったりするのでもっともっと増えていけばいいな。あとワンちゃんもいます」と和やかな交友関係を紹介していた。

最終更新:9/22(日) 23:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

  • ただ今の時間、メンテナンスの為一時的に購入履歴の表示、有料記事の購入及び表示でエラーになる事があります。エラーになった場合はしばらく時間をおいてから再度お試しください。