ここから本文です

トイレは掃除機をかけてはいけない!? 細菌・ウイルスを寄せつけない部屋づくりのポイント

9/18(水) 12:50配信

FASHION BOX

家の中で、カビや細菌などの病原菌が、特に増殖しやすい場所はどこか知っていますか?その部分を重点的に掃除することで、感染症のリスクが低下すると掃除のプロ・松本忠男さんは語ります。
「ホコリの除去」と「しっかり乾燥」を徹底することで、細菌やウイルスを撃退しましょう。

教えてくれたのはこの方

松本忠男(まつもとただお)さん

株式会社プラナ代表取締役、ヘルスケアクリーニング株式会社代表取締役、日本ヘルスケアクリーニング協会代表理事。東京ディズニーランド開園時の正社員、ダスキンヘルスケア勤務を経て、亀田総合病院のグループ会社に転職。清掃管理者として約10年間、現場のマネジメントに従事。1997年、医療関連サービスのトータルマネジメント事業を目的として、株式会社プラナを設立。これまで数多くのスタッフを指導してきた経験や、現場で体得したノウハウを、医療、介護施設、清掃会社などに提供している。現在は、スポーツと掃除を融合させたSOZY SPORTSを提唱するなど、健康と掃除に関する新しい取り組みに挑戦している。著書に『健康になりたければ家の掃除を変えなさい』(扶桑社)。

細菌・ウイルスを寄せつけない部屋づくりのポイント1:ホコリをこまめに取り除く

細菌やウイルスは床に落ちて、ホコリに吸着。ホコリがあればあるほど細菌が増え、ウイルスが拡散。ホコリを一掃することが、感染予防になります。

細菌・ウイルスを寄せつけない部屋づくりのポイント2:トイレは掃除機をかけず乾拭きする

ウイルスが付着したホコリを掃除機で吸い取ると、掃除機内が汚染されます。掃除機を使うたび、排出口からそれらをまき散らすことも。

細菌・ウイルスを寄せつけない部屋づくりのポイント3:水滴はその都度しっかり拭き取る

キッチンや洗面台など、使用後はまわりに飛び散った水滴を吸い取りましょう。濡れた布巾で拭くと、菌を広げてしまうこともあるので注意しましょう。

(抜粋)
TJ MOOK『カビ・ホコリ・菌を撃退! 家の「正しい」掃除ワザ』
監修:松本忠男

編集協力/引田光江、齋藤那菜(グループONES)
執筆/上野真依(MANICO)、内田桃孔
撮影/竹内浩務、北原千恵美

WEB編集/FASHION BOX

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

宝島社

最終更新:9/18(水) 12:56
FASHION BOX

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事