ここから本文です

ライプツィヒが敵地でベンフィカ撃破!リヨン対ゼニトはドロー決着/グループG

9/18(水) 5:54配信

GOAL

チャンピオンズリーグ(CL)は18日に各地でグループG第1節が行われた。

ベンフィカ対ライプツィヒの一戦は、アウェイのライプツィヒが2-1で勝利を挙げた。

実力差が拮抗するグループGで、突破有力候補とも言える2チームが開幕節で激突した一戦。互いに起用できるベストメンバーを送り込んだ試合は69分、ボックス内でポウルセンが落としたボールをヴェルナーが蹴り込み、ライプツィヒが先制する。その後78分にヴェルナーが追加点を挙げるが、84分にセフェロヴィッチのゴールでベンフィカが1点を返す。しかし反撃はここまでとなり、ライプツィヒが敵地で白星スタートを切った。

グループGもう一試合、リヨン対ゼニトの1戦は、1-1で終了した。

両者開幕戦の勝利を狙った一戦。アウェイのゼニトは41分、ジュバのアシストからアズムンが先制点を奪うことに成功する。それでも51分、ホームで負けられないリヨンは、デパイがPKを沈めて同点に。試合はこのまま終了し、1-1のドローに終わった。

最終更新:9/18(水) 5:54
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事