ここから本文です

【美女カレー】ハーフ美女、ジェイミーさん偏愛のマニアックなタイカレー

9/18(水) 7:02配信

LEON.JP

ひとりの美女が実食する、ひと皿の美味カレー。今回は、モデルとして活躍中のジェイミーさんに、オススメのタイカレーを教えていただきました!

そんなジェイミーさんがリクエストしたのは、「クルン・サイアム 中目黒店」。都内に8店舗、タイに1店舗を展開する本格タイ料理店「クルン・サイアム」の一つで、以前は近くに住んでいたこともあり、しょっちゅう通っていたのだそうです。

そしてオーダーは「タレー・パッポン・カリー」。ん? 聞きなれないですよね? タイといえば、スープタイプのグリーンカレーやレッドカレーがおなじみですから。

海鮮や野菜をスパイスで炒め、卵でとじたカレー。素材の甘み、スパイスや調味料の香り・酸味・辛味が絡まり合う複雑な旨味を、ふわふわの卵でマイルドにまとめた独特の味わい。ジャスミンライスとの相性も抜群。

「タレー・パッポン・カリー」は、海鮮(タレー)をカレー風味で炒め(パッポン)、卵でとじたもの。タイでは、高級店で提供されることが多い料理だそうです。

「日本では、それほどメジャーではありませんが、一度この味を知った方は、必ずと言っていいほどリピートされますよ」と、店長も自信を見せる一品。

辛いけど、甘くて酸っぱくてまろやか!?

というワケで、「タレー・パッポン・カリー」が運ばれてきました! 海老やイカなどの海鮮、パプリカや玉ねぎ、セロリなどの大ぶりに切った野菜がたっぷり。そこに卵が絡まり、スープやルーのカレーではなく、確かに炒めもの風です。

見た目はかなり辛そうですが、「そんなに辛くないんです。野菜の甘みや調味料の酸味もあり、辛さは卵が絡まっているぶん、マイルドになっているし」とのこと。懐かしい味に、スプーンを動かす手が止まらない様子です。

それにしても、本場のレストランさながらの内装にジェイミーさんの美貌が相まって、現場は日本にいるとは思えない……そんな感覚に陥ってしまいました。

「お店にしか出せない味、ってありますよね。このカレーが、まさにそう。私自身、料理は好きでマメに作りますが、こういうお料理はやっぱりお店で食べるのがいちばんですね!」

お気に入りのカレーを存分に堪能し、終始、笑顔だったジェイミーさん。「何だか、エスニック熱が再燃してきました。また近々、ランチビール付きで、ゆっくり味わいたいです!」

美女の再訪、お店も心待ちにされていると思いますよ!

■ クルン・サイアム 中目黒店

古き良きタイの食卓がテーマのレストラン「クルン・サイアム」。シェフは全員、タイのホテルやレストランで修業を積んだタイ人で、調味料やスパイスもタイから直接取り寄せるなど、本場の味にこだわったメニューを提供している。中目黒店は、タイの家庭や食堂に飾られるオブジェを取り入れた賑やかな雰囲気のなか、カジュアルな雰囲気でタイ料理を楽しむことができる。

■ ジェイミー

1992年生まれ。広告や雑誌のモデルとして、また舞台女優として、幅広く活躍中。はっきりとした目鼻立ちと美しい肌で、美容関係の仕事も多い。趣味は音楽とダンス。今後は「ミュージカルの舞台に立つことが目標」だとか。

取材・文/アキヤマケイコ 写真/福本和洋(maettico)

最終更新:9/18(水) 7:02
LEON.JP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事